世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg



うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!


llIMGP3987.jpg



無駄に大声を出して俺はピラミッドへと突進した。しかしその大声のせいで警備員がこちらを睨む。警備員の目に映るはピラミッドに向かって突進するアジア人。しかし警備員と俺達の距離は50mは離れている。駆け寄ってきた所でまだ捕まらないだろう。俺は後ろを振り返ることなくチェーンをくぐり、石段の目の前まで辿り着いた。ピラミッドの目の前にきて俺は驚いた。1つ1つの石が巨大なのだ。遠く離れた場所から眺める限り、せいぜい大きくても30cm程だと思っていたのだが、その大きさは1mかそれ以上だ。ゆうに腰の部分まである。これは階段を駆け上がるようには登れない。それにピラミッドの周りには上部から風化して落下したであろう石がゴロゴロとしている。もし登っている最中に落石があり、俺に直撃したら一瞬でオシャカだろう。しかし破ったIさんの相方のこともある。俺はよじ登り始めた。


llIMGP3989.jpg



キレイに切られていると思っていたその石は、角が丸みをおびており手をかけるとポロポロと崩れそうだった。非常に登り辛い。サンダル履きだったのが災いしたようだ。上を見上げると反り立つようにピラミッドが立ちはだかる。とても頂上までは登れない。登ったら確実に死ぬ。俺の心の中に暗雲が立ち込めた頃、後方で既にトラブルに巻き込まれている人物がいた。Iさんである。

I「ぷら君!ぷら君!ぷら君!!!!ちょっと!!!はや・・・・はやく!!!」

後ろを振り返り目を細めるとIさんが警備員に捕まっている。

I「早く!!!ちょっと俺怒るよ!!待ってよ!!俺何もしてな・・・ああああっ!!!

俺は静かに視線をピラミッドに戻し、再び黙々と登りだした。

I「ぷら君!!おいこらプラッ!!!!!聞こえてんだ・・・あああああああああ・・・・」

今登るのをやめたら確実にお縄だ。申し訳ないがIさんにはここは犠牲になっていただこう。そして後から存分にお礼をすれば許してくれるはずだ。


llIMGP3991.jpg


llIMGP3992.jpg


残念な事にIさんが撮影できたのはこの写真までである。俺は1/3登ったところで再び下を振り返った。相変わらずIさんが警備員に取り押さえられている。そして警備員もIさんも俺を見つめている。何より恐ろしかったのがその高さである。登るにつれ、足場の幅がせまくなってきており、1/3ほど登ると自分の足1つ乗せるだけでギリギリである。間違って足を踏み外せば間違いなく下まで転げ落ちるだろう。俺は諦め、ソロソロとピラミッドを降り始めた。登る時は10分もあれば1/3まで登れるのに降りる時には実に倍近い時間がかかった。残り2~3段まで降りた時、叫びながら警備員が俺に近寄ってきた。問答無用で取り押さえられてIさんの横までしょっぴかれた。

I「なんですぐ降りてこなかったの・・・」

俺「やっぱ・・・駄目なんですね・・・」

I「どうするのこの人達・・・・銃まで持ってる本物の軍人さんじゃん・・」

俺「大丈夫ですよ、ほら、秘密兵器があるじゃないですか」

警備員「お前等、何やってるか分かっているのか?」

俺「ソーリー、これ少しばかりですけど・・」

警備員「ああああん!?なんだこりゃ!?お前ナメてんのか!?」

俺「Iさん、話が違うじゃないですか!?」

I「こっちのセリフだよ!!」

警備員「お前、これなんのつもりだ?」

俺「え・・・あ・・・その・・・プレゼント・・・フォーユーです」

警備員「ちょっとこっちに来い」

俺達はピラミッド脇にある警備員の宿所へと連行され、小一時間ほど説教をされることとなった。いつもは俺が分からない事を通訳してくれるIさんも、この時ばかりは俺へ一切通訳してくれなかった。


llIMGP3994.jpg
(ギザの3連ピラミッド)
コメント
この記事へのコメント
アホすぎワロスwwwwwwwwwwwwwww
だがそれがぷらぷらクオリティ

てかぷらぷらはこれが普通と思えてきた時点で俺も…
2010/07/29(木) 22:39:22 | URL | #-[ 編集]
Iさんはもっとキレていいぞwww
それにしてもやっぱりピラミッドってでかいんだな、すげえ
2010/07/29(木) 22:43:24 | URL | #-[ 編集]
Iさんカワイソスwwww

なんでそんなにピラミッド登りたいんだよww
その行動力を違う所で活かせ
2010/07/29(木) 22:48:40 | URL | #-[ 編集]
つかIさんもよくここまで撮ってたなwwww
何もしてないのにひたすら巻き込まれるIさんほんとかわいそう・・・;;
ぷらぷらが両津とかGTOの鬼塚かなんかに見えてきたわww
2010/07/29(木) 22:49:33 | URL | #-[ 編集]
なんで2回も同じ文章書いてるの…?
2010/07/29(木) 23:51:37 | URL | #-[ 編集]
恥だな
2010/07/30(金) 17:53:18 | URL | unk #-[ 編集]
ばかwww
ほんとよく生きて帰ってこれたなw
2010/08/01(日) 18:21:58 | URL | #-[ 編集]
よくぶん殴られないで済んでるものだw
Iさんの心は宇宙よりも広いんやな~…
2011/04/22(金) 02:56:57 | URL |    #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/01/20(火) 00:06:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/93-f80a13cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。