世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


俺「そんでそんで?どうやって登るの?」

A「これはサファリって宿に書いてあった情報ノートのものなんだけど、それでもいい?」

俺「とりあえず聞いてみるよ」

A「まず人数は5人位必要で、その中で登れるのは運良くて1人かな」

俺「へ?」

A「まずね、5人全員がエロ本を装備するのね。で、ピラミッド目がけてバラバラに特攻するのさ」

俺「はぁ」

A「ピラミッドの周りには警備員が必ずいて、その警備員に数人必ず捕まるから。捕まっても警備員にエロ本渡せばそれで解放されるよ。登るって言っても頂上まで登るわけじゃないからね。登ったら死ぬよ」

俺「うんうん」

A「で、その中で運よく捕まらない奴が登るのさ。登って降りてきたらエロ本渡して帰るだけ」

俺「何それ?そんなの可能なの?」

A「みたいだよ」

俺「え~、明日ピラミッド登りたい人居ない?」


シ~ン


A「あはは、誰もいないね。無理にしなくても十分存在感確かめられるから大丈夫だよ。それに1段~2段登って写真撮る位なら何も言われないし一般観光客でもその石の大きさ確かめるためによくやってるしさ」

俺「う~ん。それに俺エロ本も持ってないしなぁ。没収されちゃったし」

A「こっちの人って日本人とか、アジア圏内のエロ本マジで欲しがるよね。やっぱイスラムの文化は厳しいのかもね。俺達は当たり前のようにエロ本とか見てるけどさ・・・・・・」

俺「はぁ・・・没収されてな・・・・あ!!!!

I「駄目だよ!俺のは駄目だよ!」

俺「Iさん、もう十分見飽きたじゃないですか!」

I「なに言ってるの!?ぷら君も十分お世話になったでしょ!?」

俺「そりゃそうですけど・・・」

I「絶対に絶対に駄目だからね!」

俺「分かりましたよ」

こうして俺達は宿へ戻ることとなった。

翌朝、ピラミッドへ向かうために早起きし、宿で出された昨日と同じ朝食を腹に入れる。

俺「あ、おはよ~」

A「おはよです。早いですね~、今日行くんですか?」

I「うん、これからピラミッド行ってくるよ」

A「じゃあ地下鉄がいいですよ。早いし安いしボラれないし」

俺「地下鉄で行くの?」

A「ギザまで地下鉄あるんで、そこからスグですよ」

I「ピラミッドと地下鉄かぁ。なんか変な感じだね」

朝食を終えた俺達はAの助言通り地下鉄でピラミッドを目指す事にした。宿近辺の駅から地下鉄に乗り込みギザ駅を目指す。カイロからピラミッドのあるギザまでは然程遠くもなくタクシーでも十分に行ける距離だがやはり地下鉄を使った方が早いし安いし効率的だろう。宿を出て炎天下の中地下への階段を下る。そして電車へ乗りこむ。ピラミッドまでは後少しだ。

考えてみるといつからか俺のこの旅でピラミッドは最終目的地になっていた。本当はインドのタージマハルだった。だがトルコから中東を南下することになり、想像もしていなかったルートを移動してきた。パムッカレ、カッパドキア、パルミラ、死海、エルサレム、嘆きの壁、ペトラ・・・。どれもこれも行くまで知らなかったものばかりだった。唯一名前を聞いて瞬時に思い浮かぶのはこのピラミッドだけだった。それが今目の前にある。俺の旅も終りに近付いているという証拠だ。短いようで長かった。何度涙を流したかわからない。色んな出会いもあった。恋もした。失恋もした。Iさんとの出会いがなければここまで来れなかったかもしれない。

俺は隣で釣り輪に掴まり地下鉄に揺れているIさんを見て感謝した。もうすぐピラミッドだ。文字通りこの地下鉄で向かっているギザこそが俺の旅の終着駅になるはずだ。懐にこっそり隠したIさんのエロ本をギュッと握りしめそんな事を考えていると不思議な感情が体を貫いた。


llIMGP3943.jpg


ほどなくして電車はギザ駅へと到着した。

俺「着きましたね。いよいよピラミッドですね」

I「ほんと、いよいよだね。俺はずっとピラミッド目指して旅をしてきたんだ」

俺「そういえばIさんの旅の目的地聞いてませんでしたね」

I「目的地なんかないよ。俺はこの旅が人生で初めての旅なんだけどさ、最初出るまでは怖くて不安で仕方なかったんだよ。でも今までこうやって旅を続けていくうちに色んな経験してさ。日本で悩んでた事とか、凄くちっぽけに思えてきてさ。やればできるんだって思ったよ。ピラミッドを目指してって最初は思ってたよ。今でもそう思ってるけど最近はピラミッドがゴールって思わなくなったんだよね」

俺「どゆことですか?」

I「もっと旅をしたいって思う。最初はこの1回きりのつもりだったんだけど、もっと色んな世界を見てみたいって思うんだよ。だってさ、日本みたいな小さな島国で一生終えるのって勿体なくない?そりゃ海外旅行は身近なもんだから行く機会なんかいくらでもあるけど、それはやっぱりリゾートとかでしょ。ピラミッドを見るツアーとかもあるけどアホみたいにお金かかるし、添乗員についていくだけだしさ。だから俺はもっともっと色んな場所に行ってみたいんだよね」

俺「なんか分かる気がします」

I「贅沢な話だけどね。旅しててたまーにネットカフェなんかでメールチェックすると地元の友達からメールきてたりするんだよ。そいつは普通にサラリーマンでさ。子供はいないけど奥さんと共働きで頑張っててさ。いつも送られてくるメールは『体壊してないか?』とか『日本に帰ってきたら写真見せろよ!』とかでさ、応援してくれてて、俺の事を羨ましいって言ってくれるんだけど、俺自信としては『いいのかなぁ』って思うわけよ。だって俺等の年齢って普通結婚して子供いて、一生懸命働いてる年齢じゃん」

俺「そうですね・・・・」

I「だからなんか後ろめたくてさ・・・」

俺「はい」

I「駄目だ!しみったれた話になっちゃった!よし!行こう」

俺「はい!!でも1つだけいいですか?」

I「ん?」

俺「俺もIさんと同じ事思ってました。でも、俺は俺だって思うんですよ。うまく言えないですけど、自由って1番手に入れにくい物だと思うんですよ。金死ぬ程稼ぐ奴は金あるけど暇ないだろうし、暇持て余してる奴は金ないですよね?金なければ行動起こせないし。だから暇と自由は違うと思うんですよ。結婚したら旅なんか絶対出られないじゃないですか。だから俺達は今貴重な自由って時間を満喫できてるんだって考えるようにしてるんです。後の事は日本に戻ってから考えればいいんですよ」

I「なんかぷら君らしい意見だね」

俺「俺は今この旅を思いっきり満喫します!そんで帰国したら思いっきり仕事します!それでいいんじゃないかなって思います」

I「珍しくぷら君の意見に賛成できたよ」

俺「じゃ、行きましょう!!」

地下鉄の階段を上り駅の外に出ると少し遠目にピラミッドの頭が見える。

俺&I「おおおおおおおおおおおおお!!!」

先っぽを見ただけで俺達のテンションは既にピークだ。世界3大ガッカリにピラミッドの名前が入る事があるが、俺はそう思わない。ピラミッドにはやはり魅力がある。デカイは格好いい。俺の持論だ。

俺「ああああああああああ!Iさん、早く行きましょう!!」

I「うん!行こう行こう!!」

俺達は走った。
コメント
この記事へのコメント
この期待のでかさがww何かを予感させるなwww
そしてエロ本を死守するIさんに萌えた。結局奪われてるしw

そうか、この中東の旅ってあのトルコから始まったんだな・・・今振り返ると懐かしすぎだな
2010/07/23(金) 12:42:55 | URL |   #-[ 編集]
むちゃくちゃイイ話してる懐にはIさんのエロ本パクってるんだよなwwwwwwwwww
2010/07/23(金) 12:49:27 | URL | #-[ 編集]
この後に待ち構えているIさんの絶望を想像すると
穏やかなIさんのセリフが
見ていて切ないww
2010/07/23(金) 13:16:29 | URL | #-[ 編集]
そういや1度も女買わなかったのか?
2010/07/23(金) 15:05:31 | URL | #-[ 編集]
もうすぐぷらさんの旅記録も終わるのかと思うと、なんか寂しいね…(´・ω・`)
2010/07/24(土) 08:38:23 | URL | #-[ 編集]
俺も海外に行くとき地味に困ったのがエロ本だったな
特にイスラム圏はオカズがない
2010/07/24(土) 08:38:25 | URL | #-[ 編集]
煩悩ありすぎだな
2010/07/24(土) 09:58:04 | URL | #-[ 編集]
更新マダー?
2010/07/27(火) 18:59:35 | URL | #-[ 編集]
更新してくれ

続きが待ち遠しい
2010/07/27(火) 21:44:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/91-137dc24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。