世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


翌日の夜、俺はIさんと共に再び嘆きの壁を目指した。昼間とは違い空気もひんやりしている。キリスト教徒地区、アルメニア地区と通って嘆きの壁へ向かったが、この2地区は気味が悪い位人の姿が無かった。


lIMGP3696.jpg


嘆きの壁にたどり着くとそこに人影はなかった。ただ大きな壁が目の前にあるだけで、人がいないとこれほどまでにも印象が変わるのかと思った程だった。


lIMGP3693.jpg


画像で分かるように壁は2色に分かれている。下半分は黒ずんでいるが、これはユダヤ教徒が手をついて祈った跡なのだそうだ。

俺はもう少し変わったものを見れると思っていたのだが、実際は人の姿のない風景だけだったのでガッカリして宿へ戻る事にした。Iさんと話しながら歩く。

俺「Iさん、Iさんはいつイスラエルを出るんですか?」

俺はもうこの時、Iさんが一緒にパスポートの再発行に付き合ってくれるという事に期待はしていなかった。自分が撒いた種だ。これまでも色々とトラブルは起こしてきたが、今回ばかりは見逃すわけにもいかない。パスポートが無ければエジプトまで進めないのだ。

I「それさ、俺も色々考えてたんだけどここまできたら腐れ縁だよ。付き合うよ」

俺「本気ですか!?」

I「うん」

この時ばかりはIさんが神に見えた。俺は嬉しくて売店でIさんにビールを奢り、目についたエルサレム旧市街のゲーセンで現地の高校生とデイトナUSAにいそしんだ。


lIMGP3700.jpg
(日本代表ぷらぷらVSイスラエル代表の高校生)


lIMGP3705.jpg


そのまま宿に戻ろうかとも考えたが、宿の中は蒸し暑い。そこで俺とIさんは旧市街の石段に腰かけ、しばらく涼しんでいくことにした。

俺「Iさん、本当に有難うございます。なんか迷惑ばっかりかけてて」

I「いや、いいよ。なんかぷら君ってほっとけない感じだよね」

俺「そうですか?」

I「ほっといたら大変な事になりそうじゃない?」

俺「まぁ、ほっとかれなくてもパスポート無くす位ですもんね」

I「日本人として、これ以上母国の恥をさらしてはいけないと思うわけよ」

俺「おっしゃる通りでございます><」


lIMGP3707.jpg


その後もくだらない話をしながら買ってきたビールを飲み、そして語った。宿に戻ったのはそれから1時間程あとの事だったが、俺達はその宿でこの旅2回目の奇跡を目の辺りにした。


宿主人「お!!帰って来たか!探したんだぞ!」

俺「どうしたんですか?」

宿主人「警察署から連絡があったぞ。明日来いだってよ」

I「呼び出し・・・だね」

宿主人「なんかパスポートが見つかったらしいぞ」

俺&I「!!!!!!!!」


奇跡は起きた。

lIMGP3709.jpg
(旧市街のネコ)

コメント
この記事へのコメント
Iさんほんといい人だな。
なんか最近はぷらぷらが勝手にトラブル起こしてるだけで周りはいい人ばっかだなww
猫かわいい
2010/06/27(日) 17:23:06 | URL |   #-[ 編集]
久々の1日2回更新だな
デイトナUSA懐かしいな、これをプレイするためだけにイスラエルに行ってもいいw
2010/06/27(日) 18:31:38 | URL | #-[ 編集]
海外でパスポートが届けられる確率は
日本で言うところ、パチンコ屋で財布落として届けられるくらい希少
2010/06/28(月) 01:09:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/73-d9fd56ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。