世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


驚くほどグッスリ眠れたんだと思う。早朝5時、俺はバスターミナルに到着したが全然眠くなかった。朝の寒気が嘘のように気持ちいい。ターミナルは人影もなく、朝日が今にも昇ろうとしているその風景は絶景だった。


lIMGP3038.jpg


しかし一体どの辺がパムッカレなのか。どこが世界遺産なのか。そこには石灰岩に囲まれたあの美しい風景はなかった。俺はガイドブックを広げた。ガイドブックによると今俺のいる場所はデニズリという田舎町のバスターミナルらしい。パムッカレに向かうにはここからローカルバスを乗り継いで向かわなければならないらしい。俺はバスに乗り、パムッカレへと向かった。トルコ語が全然分からないので予め運転手にガイドブックの写真を見せ「パムッカレ!OK?パムッカレ!」と伝える。40分後、運転手は俺に向かって「パムッカレ」と叫んだ。


lIMGP3050.jpg


バスを降りるとそこには石灰によって形成されたパムッカレの石灰棚があった。まるで雪が降ったようだ。そして運が良かったのか、こんな早朝にパムッカレを訪れる者はまだいなく、入場ゲートで金を払うこともなく俺はパムッカレへと入ることができた。


lIMGP3055.jpg


入り口のゲート付近でまだ眠っている犬を横目に俺は山を登り始めた。

パムッカレは本当に凄かった。それは想像を遥かに超えた絶景だった。白くモコモコと綿飴のような形をした岩の周りに少し生暖かい青い水が張られ、空の青と、岩の白との組み合わせで俺はまるで空の中に浮いている錯覚さえ覚えた。


すまん。言い過ぎだ。


lIMGP3074.jpg


lIMGP3109.jpg


lIMGP3113.jpg


lIMGP3071.jpg


lIMGP3070.jpg


lIMGP3069.jpg


俺は心から思った。


「ここにカナと一緒に来たかったなぁ」


lIMGP3067.jpg


まだ明け方で静かなこのパムッカレ。俺はチャポチャポと裸足で水の中に入った。目の前にカナがいると想像して写真を撮る。写っていたのは当然ながら風景だけだった。こんな綺麗な景色の中でポツンと1人。寂しい。いくら世界遺産と呼ばれるほどの絶景でも1時間程眺めていると飽きてしまう。なんて贅沢なんだ俺は。その後俺は石灰棚を登り続けた。山を登りきるとそこには温泉や遺跡があった。


lIMGP3087.jpg


lIMGP3092.jpg


しかし出るのはタメ息ばかりだ。やはり1人は寂しいのである。

ふと俺は思いついた。なんで俺はカッパドキアではなく、ここパムッカレに最初に向かったのか。それはカナがもしかしたら来ているかもしれないからだ。俺は元来た方向へ山をくだった。


lIMGP3122.jpg


山をくだり、辺りを見渡すと観光名所らしく安宿や土産ものの店が数多くあった。もしかしたら、カナがいるかもしれない。俺はガイドブックを広げ、日本人宿が無いか調べた。カナは結構心配性だ。日本人宿があるならば日本人宿に泊まっているはずだ。ペラペラとページをめくると、一つだけ、日本人が経営している安宿があった。ここだ・・・。

俺は急ぎ足で宿を探した。

入り口を見つけ、中に入る。

俺「おはようございます」

宿主「あら・・・日本人?おはよう」

俺「ここに、カナって子来てませんか?」

宿主「カナ・・・?ここには来てないわね。うちは小さい宿だからベッドが6つしかないの。今泊まっているのは全部で4人よ。良かったら部屋でも見ていく?今日ここに来たの?」

俺「はい、お邪魔していいですか?」

いるわけが無いと思いながらも、3度目があるかもしれないと淡い期待を抱いて部屋へ向かう。部屋に入るとそこはパンツ姿でゴロゴロと横になっている男4人の姿しかなかった。

俺「えっと・・・やっぱいないみたいですね・・」

宿主「そう。ここに来るって言ってたの?」

俺「いや、そういうわけじゃないんですが日本人宿ってガイドブックに書いてあったのでもしかしたらと思って」

宿主「そう。連絡先とか分かれば良かったのにねぇ」

俺「いや、ここに来る前メール送ったんでもしかした・・・・メール!!あの、パソコンありますか?」

宿主「あるわよ。そこにあるの好きに使っていいわよ」

俺「ありがとうございます!」


もしかしたら、昨日送ったメールを見て返信をくれているかもしれない。パソコンを起動してヤフーメールを開く。受信は1件。またメーラーダエモンさんだというオチは今は期待していない。俺はメールを開いた。


送信者:カナ


きた!!カナだ!!送信日は昨日の夜になっている。俺がバスでイスタンブールを出たあとに返信をしたということだ。つまり昨日俺が送ったメールを読んでいるはずだ。


「ぷら君元気?カナだよ。私はまだカッパドキアにいるよ。ギョレメって村にあるゲストハウスに泊まってるんだ。カッパドキアは凄くいい場所だよ。でも、ぷら君パムッカレに行っちゃったんだよね?なんでよー!私待ってたのにー」


俺は宿主に今晩泊まると言った事をキャンセルし、再びデニズリのバスターミナルへ戻った。

因みに今日で3日風呂に入っていない。少し自分が臭かった。
コメント
この記事へのコメント
ひー、もどかしい! そして何度目かの嫌な予感・・・
花より団子、ってか旅より女になってないかwww
2010/05/28(金) 17:40:34 | URL | #-[ 編集]
これなんてエロゲ?
なんて言わないが、期待のもてる展開だなw
勿論鬱エンド期待wwww
現実は優しくないwwww
2010/05/29(土) 08:15:26 | URL | #-[ 編集]
オチに赤字使うと読んでる最中なのに先にオチが見えてしまう
2010/05/29(土) 15:35:46 | URL | #-[ 編集]
パムッカレすげー…
すごく…行ってみたいです…
2010/05/30(日) 13:32:38 | URL | #-[ 編集]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2014/02/02(日) 11:35:05 | URL | 株の取引 #-[ 編集]
パムッカレ...凄い、まるで洗剤の泡のようだ...←
妄想写真とか切ないw
きっとカナさんと一緒に見ていたら、素晴らしい景色に映ったんでしょうね
2014/12/23(火) 12:48:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/42-18183ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。