世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
lvljiko017762.jpg


唐突に突きつけられた麻雀牌、宿のスタッフは仕事終わりの恒例職員対抗麻雀勝負に俺の参戦を求めてきた。

自慢ではないが俺は麻雀にはちとうるさい。「二飜縛りのぷらぷら」と言えば地元の雀荘では泣く子ももっと泣く雀鬼として名が通っている。すまん、大嘘だ。だが人気漫画「雀聖 坊や哲」も全巻持っているし、「スーパーリアル麻雀PIV」もやった事がある。タイ人に囲まれての麻雀勝負。ヒリつくじゃないか。これは既に宿のスタッフVS俺の対戦ではない。タイVS日本なのだ。しかも圧倒的不利な立場の3対1。思い起こせばこの旅が始まってから今日まで俺は散々打ちのめされてきた。タイの詐欺から始まり、カンボジアのおっさん、ベトナムの強盗、ラオスではおっさんに殴られ、再び帰ってきたタイで今日また詐欺にあった。これは報復するいい機会なのではなかろうか。いや、日本男児としてこれはやらねばならぬ戦(いくさ)なのである。俺は静かに頷き、椅子に座った。

ルールの説明が行われる。レートは1000点500バーツ。ルールはナシナシだ。安宿のスタッフ控え室、勿論手積みだ。午後3時、戦いの幕は切って落とされた。

手際よく敵が牌を積んでいく。







ガシャッ







久々の麻雀で牌を積もうとした瞬間俺の杯は四方に飛び散った。








戦慄が走る。






俺は「キッ」と3人を睨みつけ散らばった牌を拾った。サイが振られ親が決められる。最初の親は俺だった。一気に場の空気がひきしまる。これが・・・賭場の空気か。俺は牌を並び替えた。配牌はなかなかだ、不要牌を整理していけばおのずと手が出来てくる。そんな流れがそこにはあった。俺はためらいもせずに不要牌を整理していった。だが、三順目で牌を捨てた瞬間。









「ロン」








下家のタイ人が叫んだ。あまりに早過ぎる和了に俺は固まった。





「七対子ドラドラ」




いきなりの満貫、俺は点棒を下家に支払った。だが違和感が残る。いくらなんでも出来すぎてないか?





まさか・・・こいつら玄人(ばいにん)?!


いや、しかしここはまだ何もサマ(イカサマ)現場を押さえたわけじゃない。一旦様子見だ。そして徐々に進んでいく麻雀大会。俺がどれだけ先に好形でテンパイしても絶対に振り込まない3人。いつしか集まってきたギャラリー(タイ人)。俺は疑いはじめた。もしかして俺の後ろにいるタイ人が俺の手牌を伝えているんではなかろうかと。


DSC03675_convert_20100516202246.jpg


4回戦が終わって全てビリの俺。


時間が少しかかり過ぎたが間違いない。こいつら玄人だ。


俺は「坊や哲」を思い出し、揺さぶりをかけた。


俺「ちょっと休憩しようよ」

タイ人「OK」

くっ、この余裕。あいつら間違いなく俺の身包み剥がそうとしてやがる。しばしの休憩後、再び麻雀は始まった。ギャラリーは10人程に達していた。俺がリーチ宣言をすると後ろからタイ語で笑いながら会話をするギャラリー。間違いない。通しだ。


結局、自分のツモあがり以外全くあがれずに10戦10敗。俺は財布の中身全てを吐き出した。

タイ人「ぷらぷら?もっとやるか?」

いつしかあのラオスに行く直前に看病してくれたスタッフの顔はそこにはなく、あったの玄人の顔だった。お前等の手口は分かった。俺の後ろのギャラリー気取りの奴が俺の手牌をタイ語で他3人に伝える。それで3人は俺に振り込まない。これでお前等のやり口は全て分かった!だが・・・・。




打開策が何も無いの。




しかしここで引き下がるわけにはいかない。俺は押した。

俺「ここに50ドルある。こいつをかけて倍レートで勝負だ」

タイ人「いいの?こっちは全然いいよ」

そして最終決戦が始まった。

俺の考えはこうだ。手牌を見せないようにする。リーチ宣言後は手牌を伏せる。これだけで三流サマ師のあいつらはどうこう出来ないはずだ。洗牌を終え、その作戦を実行すべく俺は息を潜め牌を積んだ。牌が配られる。俺は全身全霊をかけて後ろのタイ人に見えないように牌は並び替えた。これで準備はできた。あとは自分の麻雀をするだけで勝てる。総合的に見れば負けだが、一矢報いる事はできる。そうだ。俺はこのまま帰るわけにはいかないんだ。手牌を並び替え、上家の親が牌を捨てるのを待つ俺。だが、親は俺の想像を遥かに超えた行動に出た。






親「リーチ」







ダ・・・・ダブリーだと!?





レートが跳ね上がった瞬間容赦ない仕打ち。俺は焦った。現物だ、現物を切って耐えるんだ。だが手牌を見渡せど現物がない。ニヤニヤして俺を見るタイ人。俺はこんな所で待つわけがないと思う逆の牌。ど真ん中の五ピンを切った。






タイ人「ロン」






俺はカオサンの安宿で華麗に散った。


タイ人「お疲れ様、飛行機そろそろじゃない?」

俺「ああ・・・・・」

タイ人「またタイに来たら絶対に寄ってね」

俺「ああ・・・・・」


俺は財布の中身を全て吐き出し、宿を出た。


DSC03676_convert_20100516202349.jpg


空港に到着し、空を見上げた。そこには日本と変わらない月が輝いていた。


DSC03677_convert_20100516202438.jpg


そして6時間後、俺は成田に降り立った。

それと同時に俺は思った。このままじゃ旅は終われないと。
コメント
この記事へのコメント
何ちゅう終わり方だwwww
2周目は賭博師ぷらぷらの復讐の物語か・・・胸が熱くなるな
さらばおっさん、ホモ、レディーボーイ
2010/05/17(月) 03:26:35 | URL | #-[ 編集]
結局最後の最後まで東南アジアにやられっぱなしだったなw
2010/05/17(月) 11:24:49 | URL | #-[ 編集]
最終局は、「最後なんだからイカサマ無しでな」と全て知ってた顔で一言いうべきだったねぇ~w
2010/05/17(月) 12:38:18 | URL | #-[ 編集]
おいwwwww

七対子ドラドラは6400だwwwwwww
2010/05/17(月) 17:21:38 | URL | #-[ 編集]
続きあるの?
2010/05/18(火) 15:23:33 | URL | #-[ 編集]
小さく負け続ける

大きく来た所で大きくイカサマ

完全にカモられてるじゃねーかw
2010/05/18(火) 22:50:44 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
>ダ・・・・ダブリーだと!?

現地人やりたい放題wwwww
っていうか、珈琲返せwwww
2010/05/19(水) 09:48:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/30-7e122e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック