世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


俺「あ!日本人の方ですか!?」

女性「はい。まぁ、半分正解かな?どうしたの?」

俺「あの、お金なくて両替できなくて銀行やってなくてATMが変で」

女性「ちょっと落ち着いて説明して」

俺「あの・・・ATMでキャッシングしたいんですがなんか引き出せなくて」

女性「んー?ちょっといい?」

俺「はい、お願いします」

女性は見た感じ20代後半だろうか。服装などを見ると旅をしてるようには見えない。近所に買い物にきているような軽装である。こっちに住んでいるのかな?

女性「うーん。なんかATMじゃなくてカードに問題があるみたいだよ?カード会社に電話してみたら?」

俺「それが今日本夜中なので自動音声になっちゃうんですよ」

女性「うーん。今すぐ現金が必要なの?」

俺「はい。俺旅してるんですけど今晩の宿に泊まるお金がなくて」

女性「全然ないの?」

俺「15ドル位しかないんですよ」

女性「それは困ったねぇ。これからどこに行く予定だったの?」

俺「ナイアガラに行くとこだったんですけど、ここバッファローに数日泊ろうと思ってて」

女性「土日だしねー。」

俺「そうなんですよー。はぁ・・・・。あの、こっちに住んでるん方ですか?」

女性「あ・・・うん。そうだよ。結婚してこっちに住んでるんだ」

俺「え!?結婚!?じゃあ旦那さんアメリカ人?」

女性「そうだよ」

俺「おおお・・すげぇ」

女性「そうでもないよ(笑)」

俺「じゃあこっちに家が?」

女性「うん」

俺「よし!」

女性「?」

俺「今日と明日泊めてくれませんか?大丈夫!寝袋あるので勝手に寝ます!ご迷惑はおかけしません!」

女性「はい!?」

俺「玄関だけお願いします!」

女性「え・・・え・・・!?!?」

俺「お願いします!!!」

女性「え・・・・ちょっと待ってよ旦那に聞かないと分からないよ」

俺「お願いしますっ!!!」

女性「え!?本当に?!」

俺「はい!本気です!」

女性「・・・・。ええ~!?じゃあちょっと待ってください・・・」

携帯を取り出し電話する女性。上手くいけば宿どころか今晩の夕飯にもありつける可能性大である。頼む・・このか弱い子羊を救ってくれ・・・。

女性「うん・・・はい。うん、分かった」

俺「どうでした!?」

女性「いいって」

俺「っしゃああああああああああああ!!!!」

女性「えーっと、私買い物で来てるんでちょっと買い物してきますね」

俺「おーっと!はぐれたら大変だし俺も行きます。お手伝いします」

女性「はぁ・・・・」


その後、スーパーで食材と酒を買い込んだ我らが一行は車に乗って彼女と旦那さんの待つ家へ向かう事となった。今日と明日の宿も無事に確保できているので15ドルの残金を全てはたいて俺はビールを6本購入しておいた。


lxvDSC04541.jpg


俺「そういや名前聞いてませんでしたね」

女性「カナ。名前は?」

俺「カナさん?おお、俺カナって人と旅で良く合うんですよ!今までクソみたいな奴でしたけどね!」

女性「・・・・。で名前は?」

俺「あ、ぷらぷらって言います。宜しくお願いします」

カ「よろしくね。しかし珍しいねー。日本人でこんな図々しい人はじめてだよ(笑)」

俺「よく言われますけど絶対迷惑かけないんで宜しくお願いします」

カ「大丈夫、もう迷惑だから」

俺「おぉう・・・・」


lxvDSC04530.jpg


車は1時間程走ってやがて郊外の一軒家の前で停車した。

俺「ここですか?」

カ「そう。荷物持つの手伝ってね」

俺「あ、はい。あの、ここってバッファローなんですか?」

カ「バタビア。バッファローじゃないよ」

俺「はぁ。なにか観光名所ってあります?」

カ「何もないよ。帰る?」

俺「いやいやいやいや!!帰りません!」

カ「そう、じゃあこれガレージに宜しくね」

俺「はい!」

カ「あ、靴は脱いでね」

俺「はい!」

カ「旦那も娘もまだ戻ってないからそこのソファーでくつろいでて」

俺「了解です!あ、娘さんいるんですね!何歳ですか?」

カ「5歳」

俺「おおお、いいですねぇ」

カ「なにが?」

俺「いや、変な意味じゃなくて子供いるっていいなぁーって」

カ「うん、生意気だけどね。遊んであげて」

俺「押忍!」

カ「じゃ、ほんと構わないけどくつろいでてね。私やることあるから」

俺「はい。じゃあ栓抜き貸してもらっていいすか?買ってきたビール飲みたいんで」

カ「・・・・。そこの上にあるから」

俺「あい!あ!それとパジャマに着替えていいです!?いやぁ、今まで安宿泊まり歩いててリラックス全然できなかったんですよ」

カ「・・・・・・。どうぞ・・・・」


lxvDSC04527.jpg


ふぅ、なんていい家なんだ。そんじょそこらの安宿とは比べ物にならない快適感だぜ!

俺「カナさん!TVつけていいすか!?」

カ「うん」

俺「カナさん!?旦那さんっていつ帰るんですか?一緒に飲みたいですね!」

カ「遅いよ。飲食だから。何?お腹減ったの?」

俺「いや、ビールあるんで大丈夫です」

カ「じゃあ昨日の残り物のチキンあるけどいらないのね?」

俺「いります!食います!」

カ「じゃあ冷蔵庫に入ってるから勝手にレンジして食べて」

俺「あざっす!」


lxvDSC04524.jpg


やべー。マジで居心地がいい。ナイアガラなんぞ行かないでこのままここに居候してそのまま帰国してもいい勢いである。ビールも4本空いて程良く気持ちがいい。

カ「ねぇ?そういや旅ってどこに行くの?」

俺「アラスカっす」

カ「え?」

俺「アラスカ。オーロラ見たくて」

カ「ちょっと真面目に答えてよ」

俺「いやいやマジでですって」

カ「本気?ここアメリカの東海岸だよ?」

俺「うん。このままナイアガラからトロントに北上して、そのまま西目指す予定ですよ」

カ「マジ?地図見たことある?半端じゃない距離あるよ?」

俺「なんとかなりますって!カナさん、チキンもっともらっていいすか?」

カ「駄目だよ。これ残りは旦那のツマミだから」

俺「1本だけでいいです。お願いし『帰ったぞー』



旦那さん帰宅。
コメント
この記事へのコメント
あれ、イエローナイフじゃなかったの?

間男的展開希望。
2013/04/04(木) 01:03:03 | URL | #-[ 編集]
残った金でビール買うのがぷららしいなwww
2013/04/05(金) 20:14:28 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/245-566ce8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。