世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


lxvDSC04553.jpg


バスが走り出して数時間。当然のことながらアメリカはでかい。しかし南米でのバス移動と違ったのは景色だった。砂漠に荒野ばかりだった南米の移動とは違い必ずどこかしらに建物は見えたし人の生活する雰囲気が感じられた。バス移動は南米の「カマ」に比べるとシートのリクライニングもなければ食事もでないし後方にトイレもないが、社内にwi-fiが整っておりコンセントもあるので好きなだけネット三昧できるのが良かった。しかしそれでも背伸びできないのは疲れるし、なにより隣に座っている太った女性が俺の座席にまでデカいケツを乗せているので窮屈で仕方がなかった。バスは2度ほど休憩所を経て朝にバッファローの町へと無事に到着したのであった。

運転手へ「ここがバッファロー?」と聞くと「そうだよ」と呆気なく答えが返ってきたので荷物を降ろしてターミナルの中にあるであろう観光案内所を探す。NYで宿探しが散々だったので兎にも角にも宿だけは早めに見つけておきたかったのだ。

俺「あのー、安宿を探してるんだけどこの近くでいいからどこか泊まる場所はありませんか?」

受「宿なら沢山あるわよ。この近辺だったらここが安いわね」

俺「おお、有難う!それとここからナイアガラの滝に行くまではバスが出てるの?」

受「そうね。ここのターミナルからバスが出てるわよ」

俺「おおおお!」

これは幸先が良い。適当にこのバッファローなる町を観光して2日~3日過ごしたらまたここからバスに乗ってナイアガラまで行けばいいだけだ。なんという完璧なルート。今までの旅でここまでスムーズに事が運んだことがあっただろうか。当の本人である俺でさえ記憶がない。

俺「そうだ!それと両替をしたいんだけど、この辺に両替所はない?」

受「そうねぇ・・・両替所は・・・ないけど銀行があるわよ」

俺「うん、銀行でいいや。どこ?」

受「30分程あるくけどいい?あっ!

俺「うわぁ~嫌だなぁその『あっ』。嫌な予感しかしないんだけど」

受「イグザクトリィ!その通りよ。今日は土曜日だから今日と明日は銀行がやってないのよ」

俺「マジで?今日土曜日だっけ?」

受「あなた全然現金ないの?」

俺「いや15ドルあるけど・・あと日本円なんだよね」

受「大きな町じゃないから日本円取り扱っているところは分からないわねぇ」

俺「15ドルって結構やばいよね?」

受「15ドルで泊まれるホテルなんて聞いたこともないわ」

俺「ですよね・・・」

受「あ、あなたクレジットカード持ってないの?」

俺「あ、あるよ!クレジットある!」

受「それならクレジットで支払いができるわ。それで月曜日にまた両替すればいいんじゃないかしら?」

俺「すばらしい!そうしましょ!じゃあここの宿が1番安いのね?ありがとー!」

受「気をつけてね」


アメリカという国は思いのほか日本円の両替が面倒くさいかもしれない。南米、インド、中東、アジアと空港で一気に米ドルに変えてひどい思いをしたので今回は必要な分だけこまめに両替しようとしたのが仇となったようだ。でも考えてみるとクレジットカードがあるんだから100ドル程度キャッシングしても問題ないだろう。バッファローを抜ければナイアガラからカナダに入る予定だし、米ドルもそう必要はないはずだ。地図を眺めながら歩きいざホテルへ到着すると受付の姉ちゃんの言うとおりクレジットカードでの支払いも可能なようだ。

俺「じゃあカードで。2日泊まりたいんだけどいい?」

おっさん「OKさ。じゃあこれにカードを入れて」

俺「あい」

お「・・・・・・。あれ?

俺「うわぁ・・・また『あれ?』って嫌な予感しかしないなぁ」

お「うーんなんか使えないみたいだな。他のカードないのか?」

俺「ないよ。ちょっと待ってよ使えないわけないよ。この前使えたんだから何かの間違いだよ」

お「そうは言ってもこれ見ろよ。な?」

俺「うーん。なんでエラーなんだろう」

お「仕方ない。縁がなかったってことだな。じゃあな」

俺「おいおい待てよ!東南アジアみたいな対応すんじゃねーよ。ちょっと電話貸してくんない?カード会社に電話するからさ。かくかくしかじかで手持ちが15ドルしかないんだよ」

お「まったく・・・ほれ」

俺「ありがとう」

ピポパポピ・・・・

「○井住友VISAカードです。本日の営業時間は終了しました。現在は自動音声にて・・・」

俺「うおおおお!時差忘れてたあああああ!」

お「で?どうすんだ?」

俺「あの、俺15ドルしかないんだけどこれで2日面倒みてくんない?月曜日におろしてきて支払うからさ」

お「無理無理!そんなことはできないよ」

俺「お願いします!マジでお願いします!だって俺宿ないんだよ!?」

お「駄目だ駄目だ!」

俺「ねぇ、頼むよ。お願いします」

お「無理だな」

俺「あ!!ATM!ATMこの辺にありますか?」

お「銀行ならここから10分も歩けばあるけど今日は休みだぞ?」

俺「ATMなら休みも関係ないでしょ?ちと行ってくるから荷物お願いね!!」

お「おい!荷物持ってけ!おい!!!」


俺はパスポートと財布だけを握り締め銀行へ走った。これは非常にまずい。最悪ホテルに泊まれなかったらバスターミナルで野宿すればいいかとも考えていたがどう見ても24時間やっているような規模のバスターミナルではないし、NYの時みたいに追い出されたらどうにもならない。祈るような思いで俺は銀行へ向かったが、おっさんは10分程で銀行があると言っただけで方向は言っていない。俺はどこに向かっているんだ・・・。

何度か道を尋ね結局20分以上かかって銀行へ到着。


lxvDSC04340.jpg


しかし当然のように銀行は閉まっていた。おいおいATMも使えないのかよ。

宿に戻って日本人旅行者がいないか尋ねてみようと思ったが他に銀行があるかもしれない。考えてみるとATMさえあればいいのである。俺は町の人にATMの場所を尋ねた。案内されたのは小さな商店でATMにはVISAの文字もある。助かった・・・。これでキャッシングすればなんとかなりそうだ。ナイアガラまで行けば日本円を両替してくれるところもあるだろう。カードをATMへ入れる。

「You can't use」

なんでじゃい!!!

ATMも定休日ってか!?どうなってんだよこれ!

俺「あの、キャッシングしたいんだけど何で使えないの?」

手当たり次第に通り過ぎる人に尋ねる。

俺「100ドル引き出したいんだけど・・・」

俺「あの・・・すみません・・・」

いくら話しかけても誰も取り合ってくれなければ使い方も教えてくれない。冷たいぜアメリカ人。トモダチ作戦はどこにいったんだよ!もうこうなったら諦めて宿のおっさんに泣きつくしかないだろう。なーに。最悪弟子入りする感じで宿の前に座り込めば入れてくれるだろう。大和と過ごしたシリアでの野宿に比べればどうってことはない。そんな時、諦めて宿へ戻ろうと歩いていると神から声がかかった。

女性「どうしました?日本人ですよね?」
コメント
この記事へのコメント
恋の予感。
2013/03/30(土) 18:42:08 | URL | #-[ 編集]
ぷらぷら英語上達したな
2013/03/30(土) 22:55:25 | URL | ケンシロウ #-[ 編集]
女神キタコレ
2013/04/02(火) 03:56:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/244-40e35eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。