世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


スタテンアイランドへ船が到着する。ぞろぞろと荷物を持って船を降りる乗客の中に混ざりグッタリとうなだれて俺も下船した。何をしているんだろう俺は。とりあえずせっかく来たので何か観光でもしようじゃないか。俺は船の係員に尋ねることにした。

俺「あのー、何かこの付近で歩いて観光できる場所ってありません?」

係「ないね」

俺「いやほら、何かしらはあるよね?」

係「ねーよ」

俺「マジ?何もないの?」

係「お前何しにきたの?」

俺「いや自由の女神が見たくて・・」

係「それこの船じゃねーしね」

俺「それ俺もさっき知ったとこでして・・・」

係「あーでも帰りの船から見れるからそれでいいんじゃないの?」

俺「マジ?帰りは見えるの?」

係「遠くにだけどな。この天候だしガスってたら見えないから保障はしないけど」

俺「よし帰ろう!今すぐ帰ろう!何時に船出るの?」

係「なに?お前帰るの?」

俺「だって何も観光する場所なんかないんでしょ?」

係「ああ・・・まぁそうだな。帰りの船はこの船だ」

俺「この船って今乗ってきたこれ?」

係「ああ。このまま折り返すんだ」

俺「代金は?」

係「無料さ」

俺「乗ります」


lxvDSC04842.jpg


恐らくスタテンアイランドへの最短上陸時間を更新したのではないだろうか。その時間わずかに1分。本当に何をしにきているんだ俺は。係員の言うことを信じて左側の席に座る。乗客は先ほどの1/10もいないだろう。船はまたユックリと動き出した。乗客の誰もが外の景色になど興味はない。俺は新聞を読んでるオッサンに話しかけてみることにした。

俺「あの、自由の女神ってどこです?」

お「ああ、もうすぐ見えるから甲板にでも出てるといいよ」

どうやらもうすぐらしい。さすがアメリカだ。これがインドなら200%自由の女神は見えないだろう。マンハッタンに戻るという船は何故か違う場所へ連れていかれ安宿へ案内されるのがオチだ。そう考えると一つの国で随分と違うものである。当然と言えば当然だが色々旅してるとそれが特に色濃く感じるものだ。まだかまだかと外を眺めること10分。200m程先にそれらしきものが見える。


lxvDSC04837.jpg
(全開ズーム)


うーん・・・やはりこの程度のものだよなぁ。

その後船はマンハッタンの船着場へと無事に到着し、俺は宿へ戻ることにした。しかしこのまま宿へ戻っても明日のバスの時刻まで随分と時間が空いてしまう。またタイムズスクエアに行ったところで何もすることはないし、1人でレストランに入るのも虚しい。大体チップという文化が日本人の俺からするとどうにも理解できない。食事の15~20%もなんで支払わなければならんのじゃ。その他に国の税金やら州の税金やら色々かかって普通に夜飲んで食べてやったら1人3000円は軽くかかってしまう。この先まだ長い俺にはもうこれ以上浪費はできない。とにかく退屈なのでホテルまでは歩いて帰ることにした。雨もいつの間にかやんでいる。途中、9.11同時多発テロで崩壊したワールドトレードセンターを見学し、工事現場のトイレを借りてウンコした後俺は宿へ帰った。今日はもうどこに出かけることもないので荷物をパッキングする。次の目的地はナイアガラの滝の手前にあるバッファローという町だ。バッファローチキンウィングという食べ物はここが発祥とのことだ。どんな食べ物かしらないが酒のツマミに最高と書いてあるので行ったら是非食べたいものだ。もう乗らないであろう地下鉄のメトロカードに残金5ドル分があったので同じ部屋のオーストラリア人の若者に買い取ってもらい誰よりも先にその日は眠りについた。

翌日、天候は悪くなかった。バスターミナルまでは歩いて30分。マンハッタンの景色もこれで見納めである。今回の予定ではトロント、バンクーバーにも行く予定なので大都市は結構回るがマンハッタン以上のものはないだろう。バスターミナルに到着するととてつもなく広かった。グレイハウンドの長蛇の列に並び行き先を告げると「ここのカウンターではない」と言われまた並びなおし、やっと自分の番になると出発が遅れているので待っていろと言われてしまう。大都会NYでもこんな遅れることがあるんだと不思議と驚いた。結局バスは3時間半も遅れて出発することとなった。地下にあるバス乗り場へ向かうと大勢の客が荷物をバスの中へ突っ込んでいる。


lxvDSC04554.jpg


今日はこのままバスで眠れば明日の明け方にはバッファローの街中へ到着だ!グレイハウンドのバスはフリーのwi-fiもあるしコンセントもあるので時間つぶしは困らないしバッファローでの観光場所や宿なんかもバスの中で探してしまえば良い。なんて順調な旅路なんだ。これはオーロラも期待せざるをえない。

そう。勿論それはすべて妄想なのであり、ここから本当の地獄が始まったのであった。
コメント
この記事へのコメント
自由の女神は見に行ってもつまんねえから船の上からで十分だぞ
2013/03/26(火) 17:17:11 | URL | #-[ 編集]
それにしたってデジカメの前回ズームでこれじゃ見た実感ないんじゃないかw
2013/03/30(土) 01:22:09 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/242-fc738bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。