世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


早朝5時、目覚まし時計の鳴る30分前に俺は自然と目が覚めた。室温一ケタであろう部屋を毛布に包まりながら芋虫のように這いファンヒーターのスイッチを入れると携帯電話を手にとって時刻を確かめる。ドアの前には昨晩パッキングし終えたバックパックが転がっている。

遡ること一ヶ月前の、俺は再び旅に出ることを決めた。1年前インドに行ってからというもの海外とは無縁の生活が続いており良い意味で平穏な日々を過ごしていた。しかしどこか心の奥に「旅に出たい」という気持ちがあり、家族の了承を得て今回再び一人旅に出ることになった。恐らく最後になるであろうバックパッカーとしての旅。俺は行き先をどこにしようか真剣に悩んだ。パッと思い浮かんだところだと「オーロラを見に行きたい」「アフリカ大陸縦断してみたい」「オセアニアにまだ行ったことがないので行ってみたい」「中米を縦断したい」の4つだった。しかし旅を始めてからオーロラだけは何がなんでも見てみたいという気持ちがあったので呆気なく今回の旅の目的はオーロラを見に行くこととなった。問題はどこでオーロラを見るかである。1年前インドに行くまで真剣にオーロラを見に行く予定だったので当時の事を思い返すとカナダのイエローナイフという場所が1番オーロラの遭遇率が高いという事は分かっていた。他にも北欧、アラスカなどがあったが個人旅行で行くにはツアー環境の整ったイエローナイフが無難だろう。北欧も捨てがたかったけれどオーロラを見るロケーションが自分の希望するものとかけ離れていた為に断念。アラスカは陸の孤島状態なのでオーロラを見てから何もすることがなくなってしまうので却下。やはりここはイエローナイフに行くしかないという結論に至ったのであった。

パソコンをひらいて航空券を探すとイエローナイフへの航空券は既に3カ月程先まで満席だった。もの凄い人気のようだ。とりあえず駄目もとで電話してみようと毎回格安航空券を購入しているとある旅行代理店へ電話をしてみる。

俺「もしもし、あの~イエローナイフまでの航空券が欲しいんですけど」

旅「えーっと、あ~イエローナイフはもういっぱいですね。なにせ便数が極端に少ないのと直行便がないんですよ。カルガリーで乗り換えてもらうか、もうひとつ別の場所まで飛んで乗り換えていただくようになるんです。カルガリーまでの航空券は手配できますがカナダ国内の国内線が全滅状態なんです。残念ですけど・・・」

俺「あぁ・・・そうなんですか。えっと、じゃあ陸路でイエローナイフって行けないんですか?例えば電車とか。バスでもいいし」

旅「うーん。バンクーバーから4500kmですからね。現実的ではないですよ」

俺「そんな遠いんだ・・・」

旅「極北・・・北緯60度超えですからねぇ」

俺「現地行けばなんとかなりますよね?」

旅「それはなんとも・・・私共はカナダ国内での現地の格安航空会社などのチケットをこちらで手配する権利がありませんので何とも言えませんがオススメはしませんよ」

俺「うーん。じゃあ他にオーロラ見れそうな場所ってないですかね?やっぱりアラスカですか?」

旅「そうですね。アラスカのフェアバンクス、またはカナダのホワイトホースが有名ですがどちらもチケットが少なくなっておりまして買えても正規の値段でしか御提供が・・・」

俺「えええぇ~。どうしよう・・・・」

旅「ツアーなどいかがですか?」

俺「ツアーはいいです。個人旅行で行きたいので」

旅「でもオーロラですと個人では厳しいものがありますが・・」

俺「そこがいいんですよ。まぁなんとかなりそうなのでバンクーバー往復の三ヶ月オープンで1番安いの手配してください」

旅「よろしいんですか?」

俺「はい。あ、せっかくだしオープンジョーってできます?」

旅「はい可能ですが」

俺「(三ヶ月もありゃ色々移動できそうだよなぁ)」

旅「どうされます?」

俺「あの、例えばなんですがバンクーバーINのロスOUTってできますか?」

旅「可能ですよ」


俺は悩んだ。旅の目的はオーロラである。調べによるとそうそう簡単に表れてくれるものでもないのでオーロラを鑑賞する時間は多ければ多いほどいい。となると先になんとかしてオーロラを鑑賞し、その後南下してロスから成田へ戻るのがいいだろう。とにかくバンクーバーでイエローナイフへの移動手段を死ぬ気で探せばどうにか見つかるはずである。直行便はなくても迂回しても行けないことはないはずだ。3ヶ月も時間はあるのだ。道は繋がっているはずだ。

旅「あの・・・どうしますか?」

俺「ちょっと考えたいので明日またお電話して宜しいですか?」

旅「ええ、大丈夫ですよ」

俺「じゃあまた明日」


受話器を置くと俺は早速パソコンでバンクーバーからロスまでの距離や移動手段を調べた。そこそこ距離はあるがそこまで離れているわけではない。しかも南下するとシアトルにも立ち寄れるし、ロスからはラスベガスも近い、おまけにグランドキャニオンにも足を延ばせそうだ。あわよくばメキシコにまで行けてしまいそうだ。アメリカだしバス事情は悪くないはずだ。これはいてもたってもいられない。俺は早速車を飛ばして本屋へ行き地球の歩き方アメリカと西カナダを購入した。そして翌日俺はバンクーバーIN、ロスOUTのチケットを購入したのであった。それから旅立つまでの毎日は楽しかった。毎日歩き方を眺めながら妄想し、パソコンでオーロラの事を調べた。撮影に必要なものは何か、どんな気象条件の時にオーロラが出るのか。それだけで楽しかった。


だが悩み過ぎて分けわからんことになった。


そして今日、いよいよその旅立ちの日となったのだ。俺は仙台空港から成田へ向かった。国際線の出発まではまだ2時間も時間がある。そうだ!オーロラを見ながら日本酒なんぞ飲んだらさぞ旨いだろう!


lxvDSC03465.jpg


搭乗までの時間、バーでビールを2杯と日本酒2合をかっくらい、久保田を買い込んで俺は機内へと乗り込んだ。目指すはニューヨーク。どこにいったバンクーバー。次へ続く。
コメント
この記事へのコメント
待ってたぜ!ぷらぷら
2013/03/15(金) 23:33:59 | URL | ケンシロウ #-[ 編集]
>恐らく最後になるであろうバックパッカーとしての旅

このセリフ3回目じゃね?
2013/03/16(土) 10:57:26 | URL | #-[ 編集]
↑これがぷらぷららしさだよなww
2013/03/16(土) 11:24:57 | URL | #-[ 編集]
久々の旅だな!
期待してるぞ。
2013/03/17(日) 02:13:15 | URL | . #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/237-a2224951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。