世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


振り返ってみると去る3月11日、俺は家でネトゲに勤しんでいた。2時46分、若干強めの横揺れを感じたけれど「最近地震多いな、ま、どうせいつものことだ」と思いネトゲを続行。しかしその30秒後俺は震えながらTVを押さえるのがやっとだった。机の上にあったPCは吹っ飛び、食器は棚から雪崩のように床に落下し散乱、玄関の前にあったエコ給湯のタンクが激しく揺さぶられ壁にぶつかり、玄関の壁と寝室の壁を突き破った。ベトナムでナイフを突きつけられて以来、久々に死を覚悟した。どうにか揺れが収まり、とにかく外に出ようとすると先程寝室との壁を突き破ったエコ給湯のタンクが玄関前に横たわり、中から熱湯が噴水のように吹き上げていた。これでは外に出られないので俺は毛布を被せ、目についた靴を履いて外へ飛び出した。

外へ出ると2つ隣に住む住人のおばあちゃんが玄関で尻餅をついていた。

お「じし・・・地震・・・・」

俺「大丈夫ですか?立てます?とにかく外に出ましょう」

お「怖くて・・立てなくて・・」

俺「大丈夫、支えるから出ましょう」

俺はおばあちゃんの腕をひっぱり、3階から1階へと階段を駆け下りた。建物の出口には他の住人が大勢いて俺達に「急げ!!」とか「早く出ろ!!」とか声をかけてきた。やっとの思いで外へ出て改めて建物を見ると壁が崩れ、電柱は倒れ、駐車場にはヒビ割れが出来ていた。それから数分して辺りの電気が一斉に消えた。交差点の信号が消え、車が徐々に渋滞し始める。道路を挟んだ向かいの家から瓦屋根が次々に落下し、服を着た座敷犬らしき飼い犬が道路を縦横無尽に走り回っている。遠くでは黒鉛が上がっていた。いつもはすれ違っても挨拶などせず会釈程度だった付き合いの近隣の住民と会話をする。とにかく何が起こっているのか全然分からない。携帯で家族に連絡を取ろうにも携帯が繋がらない。ワンセグでTVを見ようにもTVが映らない。

俺「ちょっと車の鍵取ってきます」

俺は近くにいた兄ちゃんに伝えると再び建物の中へ入った。土足で家の中に入り、床に散乱した物を書き分けて車の鍵を見つけると急いで外へ出て車のエンジンをかけ、大音量でラジオをかけた。ラジオからは延々と津波の情報が流れていた。俺は99%来ると言われていた宮城県沖地震がついに来たのだなと思った。宮城県沖地震というのは宮城県東方沖の日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源とする地震。過去に何度も繰り返し発生しているので、「Y年宮城県沖地震」のように発生年を冠して呼ぶこととする(wiki引用)。

住人全員でラジオを聞くと津波が名取沿岸部を飲み込んでいるらしい。想像できない光景だった。2時間程住人とラジオを聞いていただろうか。気温はどんどん低くなり、停電なので辺りはどんどん暗くなってきた。建物の壁がモロくなっていることや、頻繁に強い余震が続いていることから今日は家の中に入らずに車の中で眠れる人は車の中で眠ろうという話になり、車がない人は親戚のところにお世話になりに行くという話になり、俺は駐車場で一晩明かすこととなった。夜になると不気味な程静かだった。空を見上げると気味の悪い程星が沢山見えた。不謹慎かもしれないけれど、南米はアタカマ高地でYさんと見た夜空を思い出した。

翌日、陽が昇ってからは続々と悪いニュースが飛び込んできた。津波死者の話、地震と津波による建物崩壊の話、街が無くなったとの話、そして・・原発の話。俺は終日ラジオに釘付けだった。どこかに出かけようにも店に品物は無く、ガソリンスタンドには長蛇の列、3時間並んで20Lしか給油できない現状だった。もうとにかくメチャクチャな毎日で引き篭もり、事が収束するのを待とうとしたが、いつになっても収束する気配は無い。それどころか地震も原発も悪化の一途を辿るばかり。

このままじゃ何も変わらないし、俺自身もジリ貧になっていくのは目に見えていた。

家に居ても給湯器が壊れているのでお湯が出なければ風呂にも入れない。電気はなんとか通ったが家電はTVとPCを覗いて壊滅。TVをつけると日本全国から被災地の為に続々とボランティアの人が集まっている。被災地宮城県民と言えども比較的被害は少ない。津波で流された人に比べれば俺には帰って眠れる家がある。俺は決めた。ボランティアに行くと。

ボランティアは基本寝床も食事も全て自己責任である。しかしこれまで旅をしてきたので野宿も食事もなんでもこいだ。俺はバックパックに着替えとインスタントラーメン、タオルにヘルメットなどを詰め込み、車に飛び乗った。行き先は・・・被害が街がまだ残る形で1番被害の大きかった石巻だ。
コメント
この記事へのコメント
共に世界中を旅してきたバックパックがこういう形で役に立つ時が来るとはな
東北の復興はぷらぷらにかかってるぞ
2011/04/17(日) 17:54:07 | URL | #-[ 編集]
岐阜や富山行った話しはヌルーか?
2011/04/17(日) 19:35:26 | URL | #-[ 編集]
そのたくましさでとうほぐを助けてくれ
2011/04/18(月) 02:30:54 | URL | #-[ 編集]
ぷらの今までの旅の話とかで東北に笑顔を!!
2011/04/20(水) 18:15:02 | URL | #-[ 編集]
すげーよ!今までのぷらじゃねぇ!
ネオ・ぷらだ!

いや、ネオ・ぷらさん!
ネオ・ぷら△と呼ばせてくれぃ!
2011/04/21(木) 13:06:21 | URL | あいうえお #cRy4jAvc[ 編集]
まさかこういう形で、またぷらのblogを拝見するとは…
複雑だけど、ぷらのそのバイタリティで是非とも頑張ってくれ!
できる限りでいいから現状ヨロ
2011/04/21(木) 17:25:47 | URL | #-[ 編集]
みずほ第二幼稚園、自分が通っていたところだ。
本当にありがとうございます。
2011/04/21(木) 17:51:04 | URL | #-[ 編集]
旅先ではいろいろと 外道(笑) なことをされていたようですが、
この度のぷらさんの行動を心から尊敬します。
2011/04/24(日) 16:16:34 | URL | つっち #-[ 編集]
ずいぶん端折ったな(笑)
2011/05/09(月) 14:57:36 | URL | masakuro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/187-6c921531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。