世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
lvljiko017762.jpg


会話を楽しむこともできなく、ましてやリサと対角線上の席に離れてしまった俺。「もう帰りたい」そう考えていた時に奴はやってきた。入口の扉が開く。周りの誰もが気にしてはいなかったが、何もすることが無かった俺は偶然にもその入ってきた人物のことをボーッと見ていた。そしてスグにその人物が見覚えのある人物だと分かった。例の男であった。リサの頭を撫でまわし、誰よりも1番リサに馴れ馴れしかった人物であった。男は辺りをキョロキョロと見渡すと俺を見つけ、右手をあげた。咄嗟に頭を下げてしまう。その光景を見てか皆一斉にその方向を向く。

リサ「あ~!!やっときたー!」

その男はリサと何やら話すと俺に手招きをした。

俺「え?何?」

リサ「こっちきなだって~!ぷら寂しそうだろって怒られたよ」

俺「おお・・・おおお・・・・」

リサ「ごめんね、ここぷらくるから席代わって」

B「なんだよ・・・」

俺「おおおお!!有難う~!!もうマジで凹んでたよ~。で、こちらは一体誰なの?まさか・・・彼氏?」

リサ「彼氏?あははwそうかも」

男「やめろって」

俺「・・・・・・・・」

リサ「まだ紹介してないんだっけ?私の従兄弟だよ!歳が近いから凄く仲良しなんだ」

俺「え!?従兄弟!?」

従兄弟「そ、よろしくね」

俺「宜しく~!」

それ以降はもう合コンでもなんでもなかった。完全に俺達3人で会話をし、アッという間に終了の時間となった。

B「次行く人~?皆行くよね?」

従兄弟「あ、俺等帰るから~」

B「え・・・?」

従兄弟「じゃあね~。行こうぜ」

俺「うん・・・てかいいの・・?」

B「リサちゃん?あの・・・携帯教えてくんない?」

リサ「私携帯持ってないのww」

O「リサは海外暮らし長くて最近戻ったばっかりだから携帯持ってないんだよ」

B「そう・・・なんだ・・・・」

リサ「じゃあね~!」

O「またねリサ~!ぷら君も!」

俺「うん!またね^^」


lDSC02189.jpg


店の外に出ると辺りはスッカリ暗くなっていた。タクシーがなかなか捕まらないので随分歩いたが結局バスで駅まで行き、そこから電車で3人で戻ることとなった。

俺「てか従兄弟君・・・なんか悪かったね・・せっかく来てくれたのにスグ帰る事になって・・・」

従兄弟「なんだって?」

リサ「なんか悪かったねって」

従兄弟「いや、全然いいよ。それよりぷら君お酒好きなんでしょ?リサのお母さんの店行って飲み直そうよ」

俺「いいの!?」

リサ「うん!じゃあ行こう~!!」

俺「お・・・お父さんは?」

リサ「知らな~い。1人で何か食べるでしょ」

俺「はぁ・・・・・」

そして俺は今宵も再びリサママの店で御馳走になることとなった。

リサママ「いらっしゃいま・・・あら~!」

リサ「お母さんビール3つ~!」

俺「3つ!?」

リサ「私も飲む~」

リサママ「あんた弱いんだから1杯だけだからね!」

リサ「うん!じゃあ、乾杯~!!」

俺「ふぅ」

リサママ「リサ~?ちょっと手伝って!」

リサ「え~。分かった。ぷら?ユックリ飲んでて!ビールあそこから勝手に注いでいいからね」

俺「勝手に注げねぇよw」

良く見るとこの店はリサママ1人で回しているようだ。決してお世辞にも大きいとは言えないが、調理、運び、片付けと1人でこなすのは大変だろう。辺りを見ると俺達以外に3つのテーブルが埋まっていた。俺は従兄弟君と片言の英語で会話をしながらリサが料理を運ぶ姿を見てニヤニヤしていた。

従兄弟「で、ぷら君ってリサの彼氏なの?」

俺「ブハッ!!!」

従兄弟「どうしたの?」

俺「いや・・・彼氏じゃないよ・・・なんで!?」

従兄弟「だって普通こんな韓国なんかに来ないでしょ。リサも泊めないと思うし・・・」

俺「ああ・・・俺もそこは不思議だったんだよね」

従兄弟「なんやかんやでリサも気に入ってそうだもんな」

俺「そうそう!?そう思う!?ほら、もっと飲んで!!」

従兄弟「あ・・ああ。で、いつ日本に戻るの?」

俺「あ~、まだ決めてないんだけど流石にいてもあと3~4日かなぁ。そんな長い事お世話になれないし」

従兄弟「そうか~。リサ連れてけばいいじゃん」

俺「ブハッ!!!」

従兄弟「うおっ!」

俺「ごめん・・・そんな・・連れてくだなんて・・・」

従兄弟「従兄弟の俺が言うのも変だけど、リサはいい奴だよ」

俺「うん、それは分かってるよ」

従兄弟「ぷら君、またビールでいいの?」

俺「え?うん!有難う」

従兄弟君は俺の空になったグラスを手に取り、カウンターの中にあるサーバーへと向かった。俺は思った。なんて自分はチンケな野郎なのかと。話してみればいい奴じゃないか。それを勝手に・・・。俺は悲しい。こんなチッポケな自分が悲しい。旅で何を学んできたんだ俺は・・・。

従兄弟「はいよ」

俺「ありがとう!」

その後、俺は従兄弟君と5~6杯のジョッキを空にした。適度に酔って気持ちよくなっていた頃、他にいた席の客のテーブルが随分盛り上がっていた。ふと見るとリサがお酒を運んでその場で何かおっさんと話している。その後、リサは何やらリサママに伝えると俺達のテーブルに戻ってきた。

俺「お帰り^^お疲れ様」

リサ「・・・・・・・・・・」

俺「あれ・・・?どしたの?」

リサ「ムカつく!!!」

俺「ちょwww日本語www」

リサ「客に気持ち悪いって言われた」

俺「へ?」

リサ「これ」

リサは口に開いたピアスを指差した。リサは下唇に小さなピアスが1つ開いている。清楚なイメージにちょっとしたアクセントがあり、俺にはそれがとても似合っているようにも思えていた。それからリサは愚痴をブチまけるように韓国語で話始めた。

俺「え・・・?全然ついていけないんだけど・・・」

従兄弟「ああ・・・。リサ仕方ないよ。俺もやめろって言ったじゃん」

リサ「だって・・・」

従兄弟「まぁ・・・韓国では仕方ないよな」

俺「どゆこと?」

従兄弟「こいつさ、オーストラリアでピアス開けたみたいなんだよ。ここ韓国って国では耳に開けるならまだしも、古い考えが今だある国だから年配の人には凄く嫌がられるんだよね。女が煙草吸うのも絶対に駄目だし、目上の人と飲む時も手で飲むとこ隠して飲むような風習が今だあるとこにはあるからね」

俺「はぁ」

従兄弟「それが口にピアスはね・・・」

リサ「だって・・・」

俺「俺は全然関係ないと思うけどね。だって例えピアス開けようが、タトゥー入れようがリサはリサじゃん」

リサ「ぷら~!!(キラキラッ)」

従兄弟「まぁね、でもこの国じゃやり辛いんだよ」

リサ「だから私韓国嫌いなの!絶対またオーストラリア戻る!将来は絶対オーストラリアに住む!」

従兄弟「またそんな事言う・・・」

リサ「だって・・・」

客「おーい姉ちゃん~?」

俺「あれ?」

リサ「・・・・・・」

俺「どしたの?」

リサ「なんかもう1回見せろって呼んでる」

俺「マジで?行く事ないって。酔っぱらってんでしょ?」

俺達はその客を無視し続けた。すると5分後、飲んでいたおっさん2人が俺達のテーブルへやってきた。

おっさん「ほら見ろよ」

おっさん2「うわ、気持ちわりぃ~」

おっさん「な?言っただろ?ガハハハハハハ」

おっさん達はリサのピアスを見、笑い、そして席へ戻っていった。他人事でもその事に俺は随分と頭にきた。

リサ「・・・・・・・・」

俺「なんだよアイツ等マジで。最悪だな」

リサ「・・・・・・」

俺「リサ?」

リサは泣いていた。

俺はキレた。
コメント
この記事へのコメント
イケメン過ぎわろた
2011/02/01(火) 15:20:16 | URL | 、 #-[ 編集]
ここまでのぷらぷらになら掘られてもいい
問題はこの後だw
2011/02/01(火) 16:09:23 | URL | #-[ 編集]
やっと更新か、待ちわびたぞ
2011/02/01(火) 20:18:42 | URL | #-[ 編集]
ぷらマジ更新待ってた嬉しい
2011/02/01(火) 20:31:08 | URL | #-[ 編集]
毎日ページ開いて待ってた。更新ありがとん。

従兄弟△
そしてキレたぷらも何だかカッコいい
2011/02/01(火) 22:52:53 | URL | 飼い猫あくせる #-[ 編集]
従兄弟君が、登場した時よりフレンドリーで好青年でびっくり
2011/02/02(水) 01:38:43 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
あっ更新してる!!待ってたよー。
2011/02/02(水) 12:24:40 | URL | #-[ 編集]
タイトルで正体バラしてんじゃねえよ!!









と思ったけどぷらステキw
2011/02/02(水) 17:48:51 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
無職になったので旅に出ようか検討中です。
全然関係ないですけど今どうやって生計立ててるのですか?
2011/02/02(水) 18:33:30 | URL | 転職活動中 #-[ 編集]
さあはやく次を書くんだ!!!!!
2011/02/03(木) 05:21:24 | URL | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/05(土) 14:48:44 | | #[ 編集]
更新久々
wktk
2011/02/06(日) 16:41:44 | URL | #-[ 編集]
更新待ちわびたよ~

最近ぢゃっかんあきらめてたけどねww

次も待ってるからお早く~
2011/02/06(日) 20:57:27 | URL | 623 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/180-6ffa7cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック