世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


リサ「ただ~いま~!」

リサパパ「お帰り、遅かったな」

俺「ただ~いま~」

リサパパ「さぁリサ?寒いだろ?中に入りなさい」

俺「お・・・お邪魔します」

リサパパ「・・・・・」

家族団らん、アットホーム、そんな言葉はここには似合わない。言うなれば修羅の世界である。俺は外国語が堪能ではない。旅をする基本の言語である英語ですらも相当に怪しい自信がある。これまで東南アジア、中東、アフリカ先端、南米と旅をしてきたが、まさか海を挟んだお隣の韓国にこれほどまでにコミュニケーションに苦しむ人物がいるとは想像だにしなかった。

俺「リサこれ・・・」

俺はリサママより貰った2Lのコーラのペットボトルに入ったサーバーから注がれたビールを突き出した。

リサ「!!!!!!!!」

俺「?」

リサ「ぷら!ちょっとこっちきて!」

俺「へ?」

リサ「ぷら、きをつけて!お母さんは外で働いてるのをお父さんに隠してるから、くれぐれもバレないようにしてね!」

俺「そ・・・それはそうだけど・・・このいかにも怪しいビールはどうやって誤魔化すの?」

リサ「う~ん。私がなんとかするね。じゃ、ぷらはお父さんと飲んでて」」

俺「いやいやいやいや!!リサさん!無理です!お父さんと2人っきりは無理です!お兄さんはどこに行ったの?」

リサ「帰ったんじゃないかな?」

俺「えええ?!」

リサ「大丈夫!私なにか作ってくるね」

俺「俺も!俺も手伝う!」

リサパパ「リサ~?何してるんだ?」

リサ「何か作るね~!ぷらと飲んでて~」

リサパパ「・・・・・・・」

俺「あああああああ」

仕方なく、借りてきた猫より低姿勢で俺はリビングへ向かった。

俺「お・・お父さん・・・ビールどうぞ」

リサパパ「なんだこれは?」

俺「あの・・その・・・ビールです」

リサパパ「リサ~?」

リサ「もう!なんなの!?」

リサパパ「なんだこれは?」

リサ「友達から貰ったの。今何か作るからぷらと飲んでて」

俺「はい・・・お酌します」

リサパパ「・・・・・」

俺「あの・・・韓国っていい国ですね!ほら、キレイだし」

リサパパ「・・・・・・」

俺「食べ物も美味しいし・・・・」

リサパパ「・・・・・・・」

俺「リサも可愛いし・・・・」

リサパパ「・・・・・・・」

俺「リサ!!リサ~!!!!」

リサ「今度はなに~!?」

俺「全然会話できない;;ほら、俺韓国語話せないしさ・・・」

リサ「もぉ~!」

リサ兄「ただいま~」

俺「おおおおおお!!!」

リサ兄「ツマミ買ってきたぞ~。さ、飲もう」

その後、リサ兄のファインプレーもありどうにかその場を過ごす事ができた。家族+俺で韓国式スゴロクをしたり、家にあったwiiでなんとか場を繋ぐ事ができた。だが、その時・・・奴はやってきた。

「こんばんわ~」

俺「あれ?誰か来たよ?」

「お邪魔しまーす」

そのふてぶてしい態度でやってきたその男は突然リサの横に腰掛け、空のコップをリサに突き出した。

リサ「はい」

リサはなんの違和感もなく空のコップにビールを注ぐ。それをグイッと一口で空にすると男は言った。

男「ペラペラペラペラ~」

リサ「キャハハハハ」

リサパパ「ペラペラ?」

男「ペラペラ」

リサパパ「お~!ペラペラペラ」

やけに楽しそうだ。そして男はリサの頭を撫でながら更に続けた。

男「ペラペラペラペラ」

リサ「キャッキャキャッキャ」

誰なんだコイツは・・・。突然家に入ってきてはビールをガバガバ飲みだすし、リサの横を陣取って頭撫でるわ、お酌させるわ・・・。しかしそれでいてリサも嫌がっていないし、リサパパもすこぶる笑顔である。一体誰なんだこいつは・・・。そして何故見覚えの無いはずの俺がいるのに一切絡んでこない・・・?

男「ペラペラ?」

リサ「あ、こちらぷら君!」

俺「!!」

男「こんにちは~」

俺「おおお!日本語!」

男「ペラペラペラ」

男は何か言うとまたリサの頭を撫で始めた。なんなんだコイツは!?まさか彼氏とかってオチじゃねぇだろうな!しかし嫁いできたリサ姉を我が子以上に可愛がっている様子を見ると・・・もしかしたら・・・もしかするのか・・・。しかし、俺は聞けなかった。コイツが誰なのか聞けないのであった。

リサ「ぷら?そろそろシャワー浴びちゃったら?」

俺「うん。そうするね」

リサ「明日はねぇ、私の友達呼んだんだ!一緒に遊ぼう^^」

俺「マジ!?」

リサ「うん!女のだよ~。へっへっへっへ」

俺「おおおお!!!」

男「マジ?俺も行くよ」

俺「!!!!!!!」

リサ「うん、いいよ~!」

何故だ!?何故OKするんだリサ!??!
コメント
この記事へのコメント
読んでるこっちまでイライラしてきたぜw

今回さすがに写真ないな、写真無しは始めてじゃね
2011/01/06(木) 12:05:45 | URL | #-[ 編集]
あけおめ~
からさっそく波乱の予感
2011/01/07(金) 08:16:24 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/177-d7b1def1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。