世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


白の大地がだんだんと普通の茶褐色の土へと色を変えていく。どこまでも続いてるんじゃないかと思えたウユニの大地も終わりに近付いてきた。これまでの3日間が本当に夢の中の世界のようで、つい先程まで俺があの場にいたとはにわかに信じ難い。そして俺は自分の南米での旅がこれで終わってしまったような、そんな気持ちになっていた。デジカメの液晶に写るつい数十分前までの夢の世界に立っていた自分を見て、少し寂しくなった。

ここまで色々あったけれど、とにかくウユニに行こうと頑張って進んできた。それがこの先何を目標に進めばいいのだろう。これからとりあえずはYさんとボリビアの首都ラパスへ向かうつもりではあるけれど、その先に何も見出せないようならば、ただただ移動を繰り返す旅になってしまう。

Y「いやぁ~、良かったねウユニ!」

俺「本当ですね~。はぁ~。なんか俺目的達成しちゃった感じがして力が抜けましたよ」

Y「何言ってるの!これからまだ旅は続けるんでしょ?」

俺「そのつもりですけど・・・」

Y「確かこの先にあるウユニの町で解散だろうからさ、バス探しに行こうよ。それかウユニに少し滞在しよっか?」

俺「う~ん、どうしよう。まずちょっと考えましょう」

Y「そうだね」

運転手「よし、ここで解散だ!」


lDSC01587.jpg


ランクルはウユニの町の中心部で停まった。

チアゴ「Y?ぷら?君達はこれからどうするんだ?」

Y「俺達はラパスに行くよ」

チアゴ「おお!俺達もラパスに行くんだよ。でもここで数日過ごしてからだけどね」

Y「じゃあ、もしかしたらまた会えるかもね」

ネイザン「俺達はリマへ向かうよ。ナスカの地上絵も見たいしね」

俺「ナスカ!?聞いたことある!」

Y「ぷらちゃんも行くの?」

俺「いや、聞いたことあるだけですよ。とりあえずはラパスに行きます」

車を降り、それぞれが別れる。俺とYさんはとりあえずバスの時刻を調べる事にした。

俺「どうです?」

Y「どうする?今日夜にラパスに向かうバスがあるよ」

俺「でもそうすると夜中に到着するんじゃないですか?」

Y「どうなんだろう。どうする?乗っちゃう?」

俺「なんかこのウユニの町、小さいし特別見所もなさそうですよね?」

Y「そうだね。どうせならラパスで休もうか?」

俺「賛成!!」

俺達はバスのチケットを購入した。出発までまだ5時間以上ある。俺はYさんと昼飯を食べて時間を潰すことにした。


lDSC01593.jpg


lDSC01586.jpg


昼間からビールを流し込む。

Y「ウユニお疲れー!!!」

俺「お疲れですー!!!!」

Y「ぶっはぁー!うめぇー!」

俺「最高ですね!!」

Y「ねぇねぇ、てかさ」

俺「はい?」

Y「あのリサって子どうなったの?」

俺「あ・・・」

Y「ウユニではPC使えなかったじゃん?そろそろメール来てるんじゃないの?」

俺「ネネネネットカフェ行ってきます!!」

Y「待った、俺も行く」

急いでビールを飲み干し、俺達はネットカフェへ向かった。

俺「メール・・・メール・・・」

Y「どう?」

俺「きてる!!Yさん、読んで下さい!」

Y「え~っと・・・あれ!?」

俺「どうしたんですか?」

Y「これ今日のメールじゃん。なんかこのリサって子、ウユニでは高山病で寝たきりだったって書いてあるよ。ってことはさ、今この町にいるんじゃないの?」

俺「マジですか!?」

Y「いや、予想だけど・・・。あとね、これからラパスに向かうって書いてあるよ。俺達と一緒じゃん」

俺「うおおおおおおおおおおお!!!!」

俺のテンションは上がりに上がった。思い起こすとあれから随分と時間が経ってしまった。会いたい。ウユニという目的を達成してしまった今、俺にはリサに会うという目的以外残っていない。その後、夜まで土産屋などを物色し時間を潰した。そして・・・バス出発の時間となった。

俺「リサは!?リサは居ますか!?」

Y「どれがリサなのか分からないよ。分かるのはぷらちゃんだけだっての」

俺「リサは・・・リサは・・・いねぇええええええええええええええ!!!」

Y「なんかさぁ、もうこれ会えないの運命なんじゃないの?」

俺「意味分からなくないっすか?」

Y「確かにラパスに向かうのはこのバスしか無かったしね~」


プシュ~


俺「走り出しちゃいましたよ?」

Y「ま、仕方ないよ。君には女運が無かったってことだね」

俺「あああああああああああああ」


こうして俺達を乗せるバスはラパスを目指して走り始めた。だが、バスは翌日になってもラパスに到着することはなかったのであった。
コメント
この記事へのコメント
本当にリサのこと忘れてたのかよww
2010/10/16(土) 11:12:45 | URL | #-[ 編集]
女運ない・・・
これ言われたら終わりだよねwww
2010/10/17(日) 00:59:07 | URL | 623 #-[ 編集]
いつも会えそうで会えないな
ナスカの地上絵見てぇーーー
2010/10/17(日) 17:20:43 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/150-8ceafd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。