世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


ガタン・・・ゴトン・・・。

無言で隣り合う俺とYさんを乗せた列車がホームを駆け抜ける。なぜこうなった。未だに俺には分からなかった。今頃はバスに揺られてウユニ手前の町であるサンペドロ・デ・アタカマへ向かっているはずだった。チリの海岸線を北上し、今頃長距離バスの座席で揺られているはずだった。それなのに・・・。電車に乗っている。

時をさかのぼる事3時間ほど前、俺とYさんは予定通りサンチアゴのバスターミナルに到着した。バスを降りると早々に俺達はバス会社のカウンターへと向かった。尋ねるべき行き先は勿論アタカマである。

俺「アタカマ!トゥデイ!OK?」

受付「NO

俺「Yさん、OKでま・・・ええええ!?」

受付「今日のバスはもう満員よ」

Y「ちょっと待ってください、ビーニャのターミナルで聞いたときはOKって聞いたんですが・・・」

受付「そんな連絡は貰ってないわよ?」

Y「ぷらちゃん、もしかして『今日行けます』じゃなくて『サンチアゴからもバスは出ていますよ』だったんじゃないの?」

俺「そ・・・それは・・・・」

Y「あの人、なんて言ってたの?」

俺「え・・・You can go now?」

Y「いやいや、んなわけないじゃん。てかマジでどうしよう・・・」

俺「ビーニャに・・・」

Y「戻るわけないじゃん」

俺「ですよね・・・」

Y「あの、明日は大丈夫なんですか?」

受付「明日の夜のバスなら空きがあと3席あるわよ」

俺「それ乗りましょう!それ逃したらリサにまた会えなくなっちゃう!」

Y「ちょっと待て、俺はなんだ?そのリサってのに会う為にここサンチアゴまで来たんかい?」

俺「いや・・・そんなことはないですけど・・・」

Y「確かPCのメールだとその子は今日中にアタカマに向かったんだよね?」

俺「はい」

Y「そして俺等は明日の夜のバスで向かうと」

俺「はい」

Y「じゃあ完全に1日遅れを取ってんじゃん」

俺「まぁ・・・」

Y「もういいんじゃないの?会える運命なら会えるって」

俺「いやいや!そこは譲れませんよYさん!とりあえず明日のバスでアタカマに行く、これでいいですよね?どうせサンチアゴなんか何もないんだし」

Y「ちょっと待て。ぷらちゃんサンチアゴをめっちゃ押してたよね?」

俺「え?」

Y「『え?』じゃねぇよ」

俺「そうでしたっけ?まぁ明日バスの出発まで時間もあることだし、今日は適当に宿を探して飲みにでも行きましょうよ」

Y「あ~、こんな事なら汐見荘でユックリしとくんだったよ」

俺「さぁ、行きましょう!」

Y「で、どこに?」

俺「さぁ?」

Y「はぁ・・・。あの、この編にどこか飲める場所とかありますか?」

受付「飲める場所ねぇ・・・・じゃああそこがいいんじゃない?」


こうして俺達はその受付のオバちゃんから教えられた駅へ向かって電車に乗っているのだった。


lDSC01463.jpg


電車から地下鉄へ乗り換え、やっと目的地の駅に到着する頃には日も落ちていた。


lDSC01484.jpg


俺「Yさん、俺てっきり東京駅の八重洲地下街みたいなもんを想像してたんですが・・・・」

Y「そりゃないにしてもさ、この駅、閉まりそうな気配じゃない?」

俺「はぁ。あそこにいる警備員に聞いてみませんか?」

Y「ぷらちゃん、そういえばスペイン語話せるんだっけ?」

俺「いや、全然」

Y「じゃあどうやって聞くんだよ」

俺「Yさんが聞くんですよww俺じゃ会話になりませんもん」

Y「これだもんなぁ~」

俺「お願いします」

Y[はいはい、あの~」

俺「どうでした?」

Y「なんかさ、やっぱここで合ってるよ。しかもさ、ぷらちゃんの想像通りに八重洲地下街だよ」

俺「へ?」

Y「この駅の下にあるんだって」

俺「飲み屋が?」

Y「そうみたいだよ」

俺「じゃ、行きますかw」

Y「待って、宿はどうするの?」

俺「あ、そっか・・・」

Y「これだもんなぁ」

俺「なんとかなりますよ!まずは飲みましょう!飲みながら考えましょう!」

Y「マジで?」

俺「ささ、行きますよ!」


こうして俺達はその地下街へと脚を踏み入れた。


lDSC01465.jpg


lDSC01466.jpg


俺「あの・・・なんか随分刺激的な看板が並んでおりますが・・・」

Y「なんだこれww」

俺「なんすかねこれ・・・中が見えないからドアを開けるのが怖いんですけどww」

Y「これ絶対飲み屋じゃないでしょ?」

俺「確かに入り辛いですね」

Y「とりあえず引き返そう。他にも飲む場所なんていくらでもあるよ」

俺「しかしYさん、ここに入らずにおめおめと宿を探すなんぞ日本男児の名が廃りますぞ」

Y「ぷらちゃん・・・入りたいんだね・・?」

俺「そうとも言います」

Y「はぁ・・・・」


次回、潜入。
コメント
この記事へのコメント
怪しい匂いがプンプンするな
2010/09/21(火) 00:26:45 | URL | #-[ 編集]
Yさんがどんどん流されていってるw
2010/09/21(火) 00:32:38 | URL | #-[ 編集]
ぷらぷらもしつこいね~ww
2010/09/21(火) 00:52:02 | URL | 623 #-[ 編集]
あやしい店w
2010/09/21(火) 01:21:02 | URL | ktfifa #-[ 編集]
Yさん、今日も逃げて!!!
2010/09/21(火) 02:24:35 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
一体この男の為に何人の人が…
Yさん逃げてー
2010/09/21(火) 03:26:04 | URL | #-[ 編集]
Yさんそろそろマジギレしていいぞwww
2010/09/21(火) 08:14:53 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/135-350a93f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。