世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


野犬に何度か遭遇しながらも俺達は無事にバルパライソの街から帰還することができた。と、言うより何事も無かったので治安がどうこうは分からない。余りに見所がなく、戻った時間も昼過ぎだったので酒屋でビールを購入し海辺にYさんと2人で腰掛けた。


lDSC_2770.jpg


どこまでも青い海が広がっている。

Y「あ~あ、いい天気だね~」

俺「ほんとですね。ねぇ、Yさん?ほんとに1週間位ここにいる予定なんですか?」

Y「うん?ああ・・・・」

俺「はぁ~。どうしようマジで・・・」

Y「休むには最高だけどさ、やっぱ暇だなぁ」

俺「でしょ!?でしょ!?一緒にウユニ行きましょうよ~!」

Y「でもそれって明日なんでしょ?」

俺「いいじゃないですか!行きましょうよ~」

Y「明日は厳しいよ。せめて明後日なら考えるよ」

俺「明後日ならOKですか!?」

Y「明後日ならね・・・」

しめしめ。俺の予想では1日前後のズレならばリサに合流できる可能性は高い。今ここで合流できればそれに越した事はないが、ウユニに到着するまでに会えればそれでいい。俺は決めた。

俺「じゃあ、俺明後日まで待ちます!」

Y「そう・・・・。分かったよ。一緒に行ってやるよ」

俺「あざーっす!」

その後、これまでのお互いの旅の話などをしつつビールを飲み干すと俺達は宿へと戻った。談話室へ顔を出すと女Bさんと女Cさんが楽しそうに会話をしていた。

女B「あ、おかえり~。どうだった~?」

Y「やっぱ街自体が世界遺産ってあの程度なんでしょうね~」

俺「俺はさっぱり楽しくありませんでしたよ」

女B「でしょ?」

俺「それで、俺等明後日にウユニに向かうことにしました!」

女B「え?」

Y「なんか一緒に行くことになっちゃったんですよ」

女B「へぇ~!でもぷら君良かったね!一緒に行く人が見つかってさ。それで、あのメールした人はどうなったの?」

俺「あ!!メールチェックしなきゃ!」

PCを起動してメールソフトを立ち上げる。メールは・・・きていた!

俺「なななんて!?なんて書いてあります!?」

Y「どれどれ。お!この人達も2日後に出ることになったみたいじゃん」

俺「本当ですか!?」

Y「うん。2日後にサンチアゴからアタカマに向かうって書いてあるよ」

俺「アタカマ?」

女C「アタカマ高地だね。チリ北部の山岳地帯だよ。そこからウユニに入るんだねきっと。私もアタカマに行ったけど、小さな町で歩いても1周できる位だからきっと会えるよ」

俺「おおおおおおおおおおおお!」

Y「そこで会えそうだね。じゃ、なんてメールする?」

俺「え~っと、俺達も2日後にサンチアゴから向かうことにするってお願いします」

Y「OK、え~っと2日後にサンチア・・・・サンチアゴ!?」

俺「Yさん、男には行かねばならない時があるんです。サンチアゴへ行きましょう!」

Y「行きましょうって・・・サンチアゴとアタカマは逆方向だよ・・・」

俺「だってYさんサンチアゴに行ってないんですよね?」

Y「そりゃそうだけど・・・別にいいよ・・」

俺「これだから素人は・・・・。いいですか!?チリの首都、サンチアゴに行かないなんて日本にきて東京に行かないようなもんですよ!」

Y「そ・・・そのまんまだね・・・。でもほら、日本は京都とかの方が有名だよね・・・」

俺「秋葉原があるでしょう!秋葉原が!」

Y「いやいや、てかマジでいいよサンチアゴは・・・」

俺「行きましょうよ~!ねぇ~」

Y「あ~!うざったい!無理!戻るって言うなら俺明後日には行かないから」

俺「やめましょう。アタカマに直行しましょう」

女B「凄い変わり身だね・・・」


かくして、俺達は明後日にここビーニャからアタカマ高地を目指す事になるのであった。
コメント
この記事へのコメント
最近記事が新しい方から2件しか表示されなくなり、注意書きを抜くと新着1件の他は
「次のページ」にまた2件のみ表示になります。

数日こないと最新の他にも読んでないか確認のため
いちいち次のページを見る必要があるので
前までの5件表示に戻していただけませんか?
2010/09/19(日) 09:55:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/132-ba403606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。