世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


早朝6時、早々に個室より荷物をまとめて応接室へ俺は向かった。ここでの宿代を支払い、3人で鹿児島県人会館を出る。足取りは・・・重い。サンパウロのターミナルへ向かうには鹿児島県人会館から地下鉄を乗り継がなければならない。サンパウロからリオまではカマで移動すると8時間程度である。10時前後のバスがあれば夕方6時頃に到着できる計算になる。だがしかしお昼頃に出発するとなると夜8時前後だ。俺達はまさか今日急にサンパウロを出る事になるとは思いもしていなかったのでリオで宿泊する予定の宿など決めていなかった。それは絶対に10時前後発のバスを見つけなければならない・・・それを意味していた。

M「あ~あ、バスなかったらどないする~?」

俺「・・・・・・・。」

P「どうしようね。どうするぷら君?」

俺「いや・・・俺は夜中でもなんでも大丈夫ですけど・・・」

P「大丈夫なわけないでしょっ!!宿の場所も何も分からないんだよ!?」

俺「あい・・・・」


そんな重苦しい空気の中、俺達はターミナルへと辿り着いた。


lDSC01334.jpg


サンパウロのターミナルでは、行き先ごとに各会社のブースが隣接しているため探すのが容易である。俺達は片っぱしから値段と時間を訪ねた。

P「一応10時台はいっぱいあるけど値段高いね」

M「そやなぁ。やっぱり夜中到着するのが安いんやな」

俺「じゃあ、夜中到着す  P「黙ってて!」

M「どないする?」

P「少し高いけど、夜中に到着するよりはいいんじゃないかな。リオは治安も良くないみたいだし、やっぱり明るいうちに到着した方がいいと思うの」

M「そやな。どや?ぷら君?」

俺「大賛成です・・・」


lDSC01336.jpg


チケットを買い終えた俺達はバスが出発するまでの2時間あまりをターミナルで過ごす事となった。多少なりにも良心が痛んでいた俺はターミナルの外で1人煙草を吹かしていた。この先、リオまで一緒に行ってそこからPちゃんとアマゾンに行ってもこの雰囲気だ、気まずいに決まっている。ここはもう、アマゾンは諦めてこの来た道を1人戻るのが1番なのではないか。

M「ぷら君?こんなとこで何してるん?」

俺「あ、Mさん・・」

M「Pちゃん心配してたで?」

俺「Pちゃんが?」

M「なんかいつもキツく言い過ぎちゃうって」

俺「いや、仕方ないですよ。俺が悪いんですもん」

M「ほら~、そない落ち込むなや~。もう、どうあがいたって俺とぷら君が一緒におれる時間はあと少しなんやで?楽しくいこうや」

俺「Mさん・・・あい・・・」

M「ほら、行くで?」

俺はMさんに連れられ、Pちゃんの居るターミナル2階へと向かった。

俺「Pちゃん、ほんと迷惑かけてごめんね・・・」

P「あ~もういいよ。大丈夫。あたしも言い過ぎた。ごめん」

俺「Pちゃんは謝らなくて大丈夫だよ。俺が悪いんだもん」


lDSC01341.jpg


バスに乗ってからリオへ到着するまではアッと言う間であった。早朝の出発だったので俺も疲れており、いつもは寝付けないバスで即眠りに落ちてしまった。上の画像は途中休憩のレストランだが、俺はレストランには入らず、1人外で煙草を吹かすだけであった。その後も俺は順調に眠り続け、やがてバスはリオへと到着した。Mさんのガイドブックによると安宿がある場所は2つに分かれているらしく、俺達は地図を頼りにまずはその地区へと向かう事にした。

M「この・・・辺りやなぁ」

P「どこに泊まる?」

俺「俺はもうどこでもいいよ。ねぇ、あそこなんかどう?」

P「エース・・・バックパッカーズ・・・?」

M「行ってみよか?」


lDSC01347.jpg


宿の従業員に値段を訪ねると手頃で、wi-fiも飛んでいる宿だった。長距離の移動中寝ていたと言ってもやはり疲れるもので、俺達は即この宿に宿泊する事を決めた。

俺「すぐ見つかって良かったですね!」

M「そやな。で、明日はコルコバード行くか?」

P「そだね、見ちゃってもいいかもね」

俺「それって・・あのキリスト像?」

M「そや。行くなら朝1番がええみたいやで」

俺「じゃあ、明日も早起きだね」

M「そんでな、俺、Pちゃんとぷら君に言う事があんねん」

P「なになに?どうしたの?」

M「俺な、明日コルコバード見たら、明後日にはアメリカ飛ぶわ」

俺「ええええ?!早くないですか!?」

M「俺もそう思たんやけどな、やっぱりアメリカでの時間も欲しいねん」

P「そっかぁ、寂しくなるね」

俺「Mさん、もうちょっと一緒に居ましょうよ!リオで1泊だけなんて早過ぎますよ」

P「ぷら君、気持ちは分かるけどMさんにはMさんの旅があるんだよ」

M「ごめんなぁ、ぷら君」

俺「だって・・・俺・・・迷惑かけてばっかで・・・」

M「そんな事ないやん。俺は楽しかったで。そや、今晩はどこか外のレストランで外食しよか!」

P「賛成!」

俺「うん」


lDSC01350.jpg


そして俺達はとあるレストランへと向かった。

これまでの3人での話をする。思い起せばアルゼンチンはブエノスアイレスからここまで一時も離れず一緒に行動してきた3人だ。別れが寂しくないはずがない。レストランでの食事中、終始これまでの3人での話をし、楽しいひと時はアッと言う間に過ぎた。

帰り道、酔っぱらって3人で手をつないで歩いた。大都会とは思えない、静かな夜だった。

M「そう言えばMちゃんとぷら君はアマゾン行くんやろ?」

俺「はい!」

M「ええな~。んで、ぷら君はアマゾンからボリビアに抜けるんや?」

俺「その予定です!」

P「あ~あ、また何か問題起こさないでよ~。Mさん居ないのめっちゃ不安だよ」

俺「だだ大丈夫ですよ!!」

M「大丈夫やて、ぷら君もやる時はやるよ」

俺「はい!!」


lDSC01352.jpg


その夜、窓のない1番安いドミトリーで俺達は眠った。
コメント
この記事へのコメント
Pちゃんいい人だなー。Mさんも
まあ当然ぷらぷらの行く所トラブルが起こるわけだなww
2010/08/30(月) 23:29:27 | URL | #-[ 編集]
一応意見は聞いてくれるが発言権はない
職場での俺みたいだなw
2010/08/31(火) 08:29:23 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/115-ff7f5980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。