世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg

荷物をまとめ、翌朝1人宿を出る準備をする。迷惑をかけてばかりで本当に申し訳ない。数人で行動を共にしていればお互い少なからず迷惑はかけることになるだろう。だが俺はかけ過ぎである。ああ、実感はあるさ。でもわざとじゃないんだよ。中東でも好き好んで詐欺に遭いまくったわけじゃないし、トラブルに巻き込まれたわけでもない。俺はただ普通にふるまってただけだ。昨晩、あまりに悲しかったので俺は夕飯を食べずに部屋にこもった。狭い宿なので談話室からは宿泊客の楽しそうな話声が聞こえていた。しかし俺がいる部屋のドアがノックされる事はなかった。俺はね、弱い人間なんです。はたから見れば勝手に部屋に閉じこもった奴なんだろうけれど、声をかけて欲しいわけよ。なんで分かってくれないの!?ねぇ!?ねぇ!?

ってなワケで、そんな薄情者とは一緒に旅を続ける事はできません。被害妄想全開で「これ以上迷惑をかけられないから」という理由でここからは1人別に旅をすることを伝えよう、そう考えていた。それでも女々しい俺はMさんかPちゃんが「なに言ってるの!気にしてないから一緒に行こうよ!」と言ってくれるのを期待していた。荷物をまとめ終えたのでワザとらしく談話室へバックパックを出す。まだ朝も早いので誰も起きていないようだ。このまま置き手紙でもして勝手に出ていけばいいのだろうが、弱虫な俺はそのまま3時間程誰かが来るのを待ち続けた。


最初に談話室へやってきたのはPちゃんだった。俺が話題を切りだそうとすると先にPちゃんが口を開いた。

P「おはよー!ぷら君昨日疲れてたの?待ってたんだよ~。でも起こしたら悪いと思って起こさなかったんだ。あ、これビールね。昨日ちょっとキツく言い過ぎちゃったから・・・ごめんね。これ私からのお詫び」


俺「Pちゃああああああああああああああん!!!」

P「どっ・・どうしたの!?」

俺「いただきます!!!」

ブシッ ゴクッゴクッ

P「よくもまぁ、そんな朝から・・・。でも元気そうで何よりだよ。あれ?その荷物どうしたの?」

俺「あ・・・これは・・・その・・・。汚れてたから外に出して掃除しようと思ってたんだ」

P「そう・・・。それでね、昨日話したんだけどもう少しここにいようと思うの。ぷら君もどう?」

俺「うん!!」

P「良かった。今日はね~、皆ですき焼きやろうって話になってるんだよ~」

俺「すき焼き!?」

P「あのね、ここ農協もあるし生協もあるんだって!」

俺「おおおおおおおおおお!!」

P「お昼位にMさんも起きると思うから、一緒に買い物に行こう」

俺「うん!!」


lDSC01232.jpg


俺はPちゃんが買ってくれたビールを朝から飲み続けた。パラグアイのビールは薄い。しかしちゃんと酔う。俺は昼間からビール3本に飲んでいいと渡された銘柄の分からない焼酎でグデングデンになっていた。

M「おは・・・・うおっ!!」

俺「ああ、おはようごらります~」

M「ぷら君朝からベロベロやね。昨日疲れてたん?イケる?」

俺「あい、もう大丈夫です~」

M「俺等これから買い物行くんやけど・・その様子じゃ無理やね・・・」

俺「いや、行きますよ!連れてってください」

M「別にいいけど大丈夫なの?」

俺「うむ」


lIMGP5858.jpg


宿を出てMさんとPちゃんの後ろを歩きながら農協を目指す。昨日までの雨は既にどこかに行ってしまったようだ。それにしてもここイグアス移住区はほんとうにほのぼのとしている。まさに昭和初期にタイムスリップしたかのようだ。実に懐かしい。俺生まれてないけど。


のんびりと歩いていると緑の芝生に囲まれた公園のようなものが見えてきた。ブランコやジャングルジムもある。

俺「ちょっとここ寄っていきません?」

P「いいよ~。あたしブランコのろう」

俺達は公園でしばし遊んでみた。ブランコに乗るなんて何年ぶりだろう。滑り台を滑るなんて何年ぶりなんだ?日本じゃ恥ずかしくてできないけれど、こうして旅をしていると出来てしまうことって多々ある。ブランコが一回転するんじゃないかと思う程の勢いでブランコを漕いでいるPちゃんを見ながら俺は煙草に火を付けた。なんかいいなぁ。ここは本当に南米の中にある小さな日本だ。

2本目の煙草を吸い終わる頃、現地の人が公園へとやってきた。よく見ると家族連れの他にもカップルの姿がある。見た目は日本人ではないが、きっと心は日本なのだろう。


lIMGP5861.jpg


と、そんな時にふと気がついた。公園の奥に何か見える・・・。


lIMGP5868.jpg


鳥居だった。


もう疑う余地は無い。ここは日本である。


公園を後にした俺達は生協へ向かった。

P「あった!あれじゃない?」

俺「本当だ!COOPって書いてあるよ!」

M「なぁ、あれ凄くない?」

俺「夢いっぱい 元気にはばたけ イグアスの子・・・」

P「間違いなく日本だねここは!」

俺「でも生協の前にショットガン持った警備員いるのは何で・・・・」

M「そりゃ南米だもん・・」


lIMGP5873.jpg


店内に入ると日本の生協とまでは流石にいかないものの、日本で見かける食材が数多く揃っている。納豆、キッコーマンの醤油、油挙げに海苔、ごはんですよ。全部欲しいいいいいいいいいいいいいい!!!

P「ねぇ、今日牛肉ないんだって~」

俺「じゃあ、すき焼きできないじゃん!?」

P「でもね、豚あったよ。だから角煮作らない?日本酒も売ってるし大根まであるよ」

俺「いいねいいね!!主婦だね!是非!!」

M「うまそうやね!!」


lIMGP5877.jpg


俺達は豚肉、大根、醤油、酒、みりん、ねぎを購入した。

宿に戻りPちゃんとMさんが調理に取りかかる。俺はその光景を後でビールを飲みながら見守る。勘違いしないで戴きたいのだが、料理をしないのではない。俺も作ると言ったのだが、作らせてくれなかったのだ。そして缶ビール3本を預けられて飲んでいるのだ。PCでマイラバのハローアゲインを聴きながら。


lDSC01231.jpg


2時間後、出来上がった角煮は最高に美味かった。

美味かったのだが、2時間の間にビール、日本酒と飲み過ぎて1~2口しか食わなかった事で、Pちゃんのご機嫌がナナメになったのはお約束である。


lIMGP5874.jpg
(おまけ:北海道を意識し、大の字で直線に寝そべってみたのだが車に轢かれた蛙のようにしか見えない残念な写真)
コメント
この記事へのコメント
結局一緒に行動するのかよwwwww
2010/08/23(月) 19:10:10 | URL | #-[ 編集]
決意どこいったwwwwwwwwwwwwwwww
2010/08/23(月) 20:41:18 | URL | #-[ 編集]
何故北海道なの..?w
2010/08/23(月) 21:33:45 | URL | 神兄 #-[ 編集]
そこに真っ直ぐな道があるからさ。

農協や生協があるってすごいよなー。鳥居はなんか微妙に違和感あるけど
つかぷらぷらの意思は角煮より芯がないなwwww
2010/08/23(月) 22:18:01 | URL | #-[ 編集]
生協の威力すげー
でも中は日本風じゃないんだなw

Pちゃん料理うまそう
2010/08/23(月) 23:27:42 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/111-eb946081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。