世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg



ウルルルルル・・・

ウァッッォー!

ウァッッォー!

ウァッッォー!

ウァッッォー!




うるさい・・・眠れたもんじゃない。毎朝毎朝なんの騒ぎだとは思っていたけれどもこれはトッケイというトカゲの鳴き声らしい。ここカンボジアではいたるところでコイツの姿を目にする。レストラン、宿、トイレ、道端。増え過ぎだろ・・・・。


DSC03367_convert_20100501225023.jpg


鳴き声のする壁を見るとやはりトカゲが張り付いていた。追い払いたいのは山々だが眠いし寝起きでそんな気力はない。それより体力を回復するために寝ることが先決なのである。俺は毛布に包まり無視して再び眠ることにした。


ウルルルルル・・・

ウァッッォー!

ウァッッォー!

ウァッッォー!

ウァッッォー!



我慢の限界である。ベッドから起き上がり部屋の片隅にあったほうきを手に取るとり壁を叩きまわす。するといトカゲはドアの隙間から廊下へと逃げていったようである。しかし当初コイツに出くわした時は相当に驚いた。今でこそほうきで追いまわせるまでになったが、虫と爬虫類が苦手な俺にとってトカゲの存在は相当に厄介なのである。さて寝起きでホウキを振り回したので完全に目が覚めてしまった。昨日アンコールワットも無事に見ることができたし、もう俺には何もすることがない。いや、あるのだろうけれど何をしたらいいか分からない。とりあえず時刻も朝の9時を回ったあたりなので宿の従業員に話を聞いてみる。何をって?勿論ベトナムまでのルートでございます。

俺「おはよー」

男「おはようございます」

俺「え~と、俺この後ベトナムに行こうと思ってるんだけどどんなルートがあるの?バス?飛行機?」

男「う~ん。飛行機か、プノンペンまで行って、そこからまたバスが王道かな」

俺「ふむふむ。因みに双方のお値段はどの位?」

男「ちょっと待って調べてみる」

意外にもインターネットはカンボジアの街中で色々使えるしネットカフェなどもある。従業員はパソコンで航空券の値段を調べだした。

男「飛行機の方が安い。でも今日の夜11時に飛ぶ飛行機で、ベトナムには夜中の1時頃になる。」

俺「へぇ~、何?そんな安く飛べちゃうの?」

男「7000円位」

俺「買った!買った!買いましょう!」

男「本当か?時間が遅いから心配。泊まるとこあるのか?」

俺「無いけどどうにかなるっしょ」

男「そうか。分かった」

俺「それでさ、出発まで随分時間あるけど、どこかまた遺跡見れる場所ないかな?」

男「遺跡は少し離れた場所に一つある。あと、サンセット見たらどうだ?」

俺「遺跡はいいけどホモはもう勘弁だよ」

男「いや、湖じゃなくて山から」

俺「山?山なんかあるの?」

男「うん。それじゃあ遺跡を見たら山に行こう。歩くけど大丈夫か?」

俺「自信ないけどなんとかなるよ。よし!行こう!」

DSC03296_convert_20100501222511.jpg


こうして俺は最後のカンボジアを遺跡と山登りで〆ることにした。急な話だったのでいつものスクーターにガソリンを入れる。


DSC03297_convert_20100501222536.jpg


余りに突然の話だったので、こちらも見た遺跡が何て名前なのかすら記憶にない。しかし遺跡自体は非常に印象に残るものだった。


DSC03299_convert_20100501222619.jpg


DSC03302_convert_20100501222647.jpg


DSC03305_convert_20100501222804.jpg


最初に見た遺跡がこれだ。だだっ広い場所に突然姿を見せるこの遺跡は、随所に弾丸を打ち込まれたような穴が沢山あった。

DSC03306_convert_20100501222833.jpg


2つ目に見た遺跡が凄かった。まるでリアル「天空の城ラピュタ」状態。話によると、この遺跡は今後10年もしないうちに崩れ去ってしまうそうだ。外壁は既にボロボロに崩れてしまっており、遺跡内部にも草が生い茂り、修復の跡と言っても他の遺跡に比べると随分と手抜きされていた。しかし俺はこの遺跡が凄く好きになった。人工的に手を加えて見やすくした遺跡、それよりもほぼ当時のまま現存している遺跡の方が遥かに魅力を感じた。


DSC03308_convert_20100501223954.jpg


DSC03310_convert_20100501224023.jpg


DSC03311_convert_20100501224053.jpg


DSC03312_convert_20100501224119.jpg


DSC03313_convert_20100501224200.jpg


ここは凄い。俺の他に観光客が1人もおらず、いるのは現地の人で弦楽器を演奏してる人だけだ。その弦楽器の音楽が凄くこの場の雰囲気を盛り上げる。俺は中に入っていった。内部まで来ると弦楽器の音も聞こえなくなり、風の音と鳥の鳴き声が聞こえるだけだった。


DSC03325_convert_20100501222426.jpg


DSC03327_convert_20100501224325.jpg


しばらく遺跡内部を散策した後、俺は大満足でドライバーの下へと帰った。


この時までだった。俺の旅が素晴らしかったのは。そしてここから俺の旅は急転していくのだった。


[広告] VPS



[広告] VPS
コメント
この記事へのコメント
何だそのトカゲwwwwwwww

アンコール遺跡群てワット以外は管理行き届いてないのかな
見てるだけでラピュタのBGMが頭の中で流れてくるぜ
2010/05/02(日) 19:44:42 | URL | #-[ 編集]
現地民の曲いいな
雰囲気合いすぎ
2010/05/02(日) 20:54:08 | URL | #-[ 編集]
ウルルルル…
寝れないくらいうるさいとさすがに切れそう。でも声聞いてみたい


次はどうなるんだ?気になるぜ!
2010/05/03(月) 01:12:33 | URL | 飼い猫あくせる #-[ 編集]
ヤモリだな
蚊とか食べてくれて、こっちには無害だから放っておくのが一番だぞ
と今更ながらに言ってみる
2010/05/12(水) 14:53:17 | URL | #-[ 編集]
トカゲじゃなくてヤモリだよ
しかも、そんなにデカい声では鳴かないって(笑)
2013/07/16(火) 15:29:05 | URL | ^ ^ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/11-f6882e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。