世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg


翌日、朝早く起きた俺達はイグアスの滝へ向かう事にした。宿の近くにあるターミナルからローカルバスを乗り継いで向かう。天気は快晴、汗ばむような暑さだ。昨晩、PCを起動してメールチェックをしてみたがリサからのメールはなかった。バス車内でリサの事を考えつつ、俺は揺られた。


lIMGP5749.jpg


イグアスの滝入口へ到着して入場券を購入する。俺のイメージとは違い、ここはどうやら大きな公園のようになっているらしい。園内にはトロッコが走っており、それに乗って滝を目指す。勿論歩いてもOKだ。

俺「あの、トロッコ・・・乗りますよね?」

P「ええ~!歩いて行こうよ~」

M「こんな天気もいいんやし歩こうや~」

俺「いやいや、だってこのMAP見る限り随分遠いですよ。それにこの気温。滝に着くまでに完全にバテちゃいますって」

P「う~ん。どうするMさん?」

M「だって金かかるんでしょ~?」

俺「微々たるものじゃないですか!ほら、帰りに歩きましょうよ!」

M「絶対歩きたくないってオーラが全面に出てるね」

俺「はい。絶対に歩きたくありません。俺歩けない子なんです」

P「じゃ、とりあえず行きはトロッコで行こうか」


lIMGP5754.jpg


トロッコのチケットを購入し、中に乗り込む。今までボロバスだとか移動と言うものに恵まれた事がない俺だったが、このイグアスでのトロッコは非常に良かった。イグアスの滝という目的地まで向かうアトラクションのような感じがした。そもそも俺はウユニ塩湖だけを目的に南米に来たのであってイグアスの滝なんぞ全くのノーマークであった。イグアスの滝という言葉は聞いたことはあったが、それがアルゼンチンにあるとは知らなかった。それだけ俺はイグアスの滝に期待をしていなかった。


lIMGP5757.jpg


lIMGP5853.jpg


イグアスには様々な動植物がいる。今まで見た事のない野生の動物や、数百種類にも及ぶと言われている蝶々、あまりに多くの出会いに俺は自分から言い出したにも関わらず、滝の手前の駅でトロッコを降りようと申し出た。

俺「Pちゃん!!Mさん、降りましょう!!これは歩かないといけませんよ!」

M「お前意味わからないよ。歩けないんじゃなかったのかよ」

俺「だって、ほら!!蝶々半端じゃないっすよ!!ああああ!!!!アライグマっぽいのいるー!!!」

P「凄いはしゃぎようだね・・・。まぁ、終点の1駅手前だし降りようか?」

M「しゃあないな~」

俺「うおおおおおおおおおおお!蝶々~!!!」


様々な動物を眺めながら滝を目指して歩く。照りつける日差しが強いが俺は夢中だった。


lIMGP5762.jpg


滝に向かって川沿いを歩くと少しずつ音が聞こえてくる。



ドドドドドドドドド・・・・・


俺「おおおおお!音しますよ音!!!」

P「聞こえてるから大丈夫ww」

俺「うおおおおおおおおお!!!!水しぶきあがってます!早く行きましょう!!」

M「ほんま子供やな~」

俺「うあああああああああああああああああああああ!!!!」


俺がそこで見た光景、それは俺の脳内でイメージされていた滝の数百倍の迫力であった。毎秒数百トンという膨大な水量、落差は80mを越えるが、すさまじい滝しぶきで滝つぼは見えない。まさに悪魔の喉笛と呼ぶに相応しい光景がそこにはあった。


lIMGP5767.jpg


lIMGP5770.jpg


lIMGP5799.jpg





俺「すげえええええええええええ!!!なんか吸いこまれそう!!」

M「これはごっついな~」

P「すごーい!!!」


正直ここまで凄いとは思わなかった。俺は成り行きとは言え、ここに来れた事に感謝した。それほどまでにイグアスの滝は圧倒的で凄かった。しばらくの間、俺達は言葉を発せず滝に見とれた。一点を見つめるMさん、目を閉じ、滝しぶきのマイナスイオンを全身に浴びているPちゃん、俺はその後ろでしぶきによってスケていたPちゃんのブラを凝視していた。ああ、イグアスはいい。

1時間程滝を見物し、帰路につく。今頃リサはどこに向かっているんだろう。

宿に戻り、それから月曜日まで俺達は何もすること無く昼間から酒を飲み、暑ければ宿にあるプールにパンツで飛び込んでは宿主にこっぴどく怒られた。そして月曜日、ビザの発給日である。満を持して受け取りに行くと、預けたパスポートにしっかりとブラジルのビザが貼ってある。


lIMGP5854.jpg


M「よっしゃ!これでいつでもブラジルいけるで!」

P「ブラジルもあたし楽しみだったんだ~!」

俺「もうよく分からないしリサからメールがくるまで着いていきますよ」

M「来なかったらどうするん?」

俺「嫌な事言わないでくださいよ。その時はその時です」

明日、いよいよ俺達はブラジルを目指す。



が、俺にだけ悲劇は待ち受けていた。



lIMGP5848.jpg
(滝を見上げるMさんとPちゃん)
コメント
この記事へのコメント
透けブラ見てんじゃねえよwwwwww
2010/08/19(木) 15:31:11 | URL | #-[ 編集]
そしてその直後にリサとか言ってんじゃねーよwwwwww
2010/08/19(木) 22:20:19 | URL | #-[ 編集]
ちょうちょマジすげええええ
つか滝近くで見れるんだなあ
2010/08/19(木) 23:40:12 | URL | #-[ 編集]
>俺はその後ろでしぶきによってスケていたPちゃんのブラを凝視していた

サイテーw
2010/08/20(金) 01:35:31 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
いや、最高w
2010/08/22(日) 23:11:31 | URL | #-[ 編集]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2013/06/14(金) 11:31:12 | URL | わかりやすい株 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/107-5598641c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。