世界中をぷらぷらしてきた

2ちゃんねるニュー速vipの力で復活したブログ。全てのvipperに感謝!!ありがとうvipのみんな!
   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング登録しています。1日ワンクリッコ、応援宜しくお願いします(^ω^)
ツイッターはじめました。→ から是非フォローお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lvljiko017762.jpg

降りしきる雨の中、俺達が向かった先はユースホステルのピーターパンという宿であった。1泊1000円程度だが中庭にプールもあり、雰囲気はなかなかいい。俺達は男女混合のドミトリーへ宿泊することになった。


lDSC01205.jpg

長時間のバス移動で疲れた体をほぐすようにそれぞれベッドで目いっぱい背伸びをする。3人とも何も話すことなくそれぞれ天井を見つめる。MさんやPちゃんは何を考えているのだろうか。俺はこれからどのルートでウユニに進めば良いのかガイドブックを眺め続けた。屋根からプールへ入る雨水の音が眠りを誘う。いつの間にか俺達は眠ってしまっていた。

最初に目を覚ましたのはMさんだった。

M「ぷら君、起きて」

俺「う~ん。はい・・?」

M「もう外は真っ暗だよ。雨もあがってるし夕飯の食材買いに行かない?どうやらキッチンがあるみたいだから、適当に何か買ってくれば自分たちで作れそうだよ」

俺「あ~、そんな眠っちゃったんだ~。了解です。行きましょうか」

P「どうしたの~?」

M「おはよ~。もう夜だよ。何か夕飯食べようよ。簡単だしパスタにしない?」

P「うん~」


寝ぼけているPちゃんを置いて俺とMさんは宿の近くにあるスーパーへ買い物に向かった。MさんもPちゃんもそんなに大量に酒は飲まないタイプなので俺は自分専用に大量の酒を購入した。宿備え付けのPCで調べた感じではこれから数日間は雨続きらしい。世界的な滝をなにも雨の中見に行く必要は無い。そうなると晴れるまでここの宿の世話になることは間違いなさそうだ。買い物から戻った俺達は自分たちでパスタを作り、一気にたいらげた。明日の予定は晴れたら滝を見に行き、雨だったら宿でゴロゴロしようという事になった。


MさんとPちゃんは随分と疲れていたらしく、夕飯を食べたら部屋に戻ってしまった。俺はというと目がギンギンである。俺は先程購入しておいたビールを飲みながらプールサイドのブランコでほろ酔い気分になっていた。この宿はwifiが飛んでおり、俺の持ってきていたPCが使える。俺はここぞとばかりにオカズ収集を始めた。


その時だった。エントランスに新しい宿泊客がやってきた。ふと顔をあげてその客を見るとどうやら日本人らしい。しかも女の子だ。服は雨でビショビショに濡れている。その女性は長い黒髪を自分の手で絞りながらこちらへやってきた。第一印象は小さくて可愛らしい子だなぁと思った。咄嗟に挨拶をする。

俺「ども~」

女の子はニコリと笑い、俺達とは別の部屋へ入っていった。シャイなのかな。


lDSC01202.jpg


引き続きブランコに座りオカズ収集にぬかりのない俺。目を見開き、ロシアサイトを巡回していた時だった。再びその女の子の入って行った部屋のドアが開いた。先程までのレインウェアにバックパックを担いだ姿とは違い、今度はスウェットパンツにサンダル履き、上はTシャツ姿になっている。どうやらシャワーのようだ。旅に出て出会う日本人女性はどこか強そうなイメージがある。それもそうだ。女1人で異国の地を旅するのには弱々しくてはいけない。だが、その女の子は日本でその辺を歩いているような、そんなキャシャなイメージの女の子だった。部屋から出てきたがこちらに目を合わせてはくれない。

20分後、シャワーから彼女が戻ってきた。

俺はもう1度話しかけてみた。

俺「あの、もし良かったら一緒に飲まない?ビール買い過ぎちゃって。それに1人でここにいるのも暇なんだよね」

返ってきた言葉は意外なものだった。

女の子「sorry.I'm Korean」

俺「へ?」

女の子「私、韓国人です」

俺「おおお!そうだったんだ、てか日本語話せるの?」

女の子「少しだけ」

照れながらの話すその顔がメチャクチャに可愛い。

俺「はい、これ」

俺はビールを差し出した。

女の子「ごめんなさい、私ビール飲めないの」

俺「あ、そっか。ごめんね。ねぇ、疲れてなかったらちょっと話しない?」

女の子「ごめんね、今日疲れてて、またね」

フラレてしまった。

俺「そかそか、またね。あ、名前何て言うの?」

女の子「リサ」

俺「リサか、なんか韓国人っぽくないね!」

リサ「これはイングリッシュネームなの」

俺「イングリッシュネーム?なんか良く分からないけど、俺はぷらぷら、よろしくね」

リサ「うん」


これが俺とリサの出会いだった。

その後俺はリサがまたトイレとかの理由で部屋から出てくるんじゃないかとブランコで酒を飲み続けた。が、しかしリサは現れず、そのまま酔い潰れた俺は腹を壊した。
コメント
この記事へのコメント
ぷらぷらは女の子が絡むとろくなことにならないからなww
寅さんみたいだよな。見たことないけど
2010/08/14(土) 19:05:29 | URL | #-[ 編集]
オカズ探してた事がばれてたんじゃねぇのw
韓国人って日本人とかなり似てるよな
2010/08/14(土) 23:26:49 | URL | #-[ 編集]
これがあの!例の娘かい!?
wktk
2010/08/15(日) 00:13:56 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
やはり恋の話が一番ワクワクするな
2010/08/15(日) 01:17:02 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purapura2vipper.blog121.fc2.com/tb.php/104-6495960a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。